コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台パタリロ!新曲盛りだくさん、佐奈宏紀がバンコランへの愛を切々と語る

1508

「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」公開ゲネプロより。

「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」公開ゲネプロより。

魔夜峰央原作による「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」が、本日3月15日に東京・天王洲銀河劇場にて開幕。初演に先がけ、初日会見と公開ゲネプロが行われた。

会見には魔夜、パタリロ役の加藤諒、バンコラン役の青木玄徳、マライヒ役の佐奈宏紀、脚本の池田テツヒロ、演出の小林顕作が登場。加藤は「今作は前作よりもストーリーが動いていて、『パタリロ!』の中でも人気のあるエピソードが入っています。テンションをあげていろんな人たちを巻き込んでいくお芝居を顕作さんに伝授していただいていて。キャストを含め、観客を巻き込んでいければ」と意気込む。青木は「2作目ということで少しのプレッシャーはあったんですが、稽古場でいつものメンツとさらに増えたキャスト、そしてスタッフさんと今日までがんばって面白いものを作れたと思っています。あとはお客さんにどう受け入れてもらえるか。本番、がんばります」とコメントした。

佐奈は「前回の舞台が終わってから1年くらい経ちましたが、この舞台のために美を磨き続けてきました」と宣言し、周囲の人間を笑顔にさせる。さらに「今回、ストーリーがワーって動くんですけど、そんなん全然どうでもいいっていうか、関係ない!という気持ちで、僕はただただバンコランのためだけに生きようと思います」とバンコランへの愛を猛烈アピール。さらに「マライヒを演じながら、俳優としても人としても愛を深く考えるようになりました。マライヒは愛がないと演じられないので、『愛ってなんだ』っていうのをこの1年勉強してきました」と明かす。記者から「愛とは?」と問われると、「愛とは薔薇です」と断言。これを受けて小林は「2作目ということもあって、3人のハマり具合がすごくて。特に佐奈くんは目つきがおかしい」とからかわれていた。

池田は「前回も、今回も魔夜先生の原作そのままでございます。原作をそのままやれば確実に面白くなる作品でございました」と語った。そして魔夜は「前回の舞台はとにかくむちゃくちゃ面白かったですし、今回は前回を上回ることは間違いないと思っています。原作はそこそこですけど、これだけの役者とこれだけのスタッフがいて、面白くならないわけがない」と舞台の素晴らしさを説く。3人のキャストについて問われると魔夜は「生きてる人間でパタリロができるのは諒くんしかいない。フーテンの寅さんをやれたのが渥美清だけだったように、パタリロをできるのも彼だけ」「バンコランはカッコいいよね、男の私でもフラっといきそう」「マライヒはきれいでねー。そのうち何かしようね」とそれぞれに全幅の信頼を寄せていることを明かした。

そしてステージにあったくす玉が割られ、「パタリロ!」の実写映画化が発表。脚本は池田、監督は小林が担当し、今秋公開される。キャストはパタリロ役が加藤、バンコラン役が青木、マライヒ役が佐奈と舞台のメンバーが出演する。小林は「映画は、舞台『パタリロ!』をそのまま映画にしたような企画。キャストの3人に加えて、あんな方やこんな方、豪華な方が登場する。楽しみにしていてください」と話した。池田は「監督が何しろこの方なので、前代未聞の作品ができあがっていると思います。こんな現場見たことない。ホームランか三振かわからない」と言いつつ、「魔夜先生には予知能力がございまして、この映画は絶対に当たるとおっしゃってました」と茶目っ気たっぷりに語り、初日会見は終了した。

「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」は、ロビー少尉が月下美人を見つめるシーンからスタート。月に行きたいという夢を持ち、マリネラ王国の宇宙局で働くロビーに、他人の病気や怪我を治す治癒能力が発現する。ときを同じくして、世界中でダイヤモンドの盗難事件が相次いでいた。パタリロ、バンコラン、マライヒは事件の裏側にある犯罪組織タランテラ、そしてバンコランの死んだはずの恋人・ビョルンの謎を追ううちに、世界を巻き込む恐ろしい陰謀を知り……。

「ビバ!花とゆめ」「ダンシングナマハゲボーイ」「恋のスナイパー」などアップテンポな曲からしっとりと恋心を聞かせるナンバーまで数々の楽曲が披露された前作と同じく、今作でも多くの新曲が舞台を彩る。美少年キラーの異名をとるバンコランの登場曲は前作の「キラーバンコラン」に変わり、新たなナンバーがお披露目。今作の新キャストであるロビー役の三津谷亮、ビョルン&アンドレセン役の小林亮太もその歌声をステージに響かせた。ちりばめられた白泉社ネタ、タマネギ部隊のお色気シーンも健在。なお声の出演として、大塚明夫三田村賢二大堀こういち池田鉄洋がクレジットされている。

舞台は本日より3月25日まで東京・天王洲銀河劇場、3月30日から4月1日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演。本作のDVDは7月27日にリリースされ、公演期間中に劇場にてDVDを予約した人には、オリジナルクリアファイルと舞台写真2枚セットがプレゼントされる。また一般予約特典として、4月2日以降に全国のDVD取り扱い店舗および通販サイトにて予約した人には、舞台写真ブロマイドを進呈。詳細は後日発表される。さらに4月2日12時よりdアニメストアにてレンタル販売がスタートするほか、同日19時よりディレイビューイングが実施される。

※記事初出時より、本文の一部を変更しました。

「舞台『パタリロ!』★スターダスト計画★」

東京公演

期間:2018年3月15日(木)~25日(日)
会場:天王洲 銀河劇場

大阪公演

期間:2018年3月30日(金)~4月1日(日)
会場: 森ノ宮ピロティホール

スタッフ

原作:「パタリロ!」魔夜峰央
脚本:池田テツヒロ
演出:小林顕作

キャスト

パタリロ:加藤諒
マライヒ:佐奈宏紀
ビョルン&アンドレセン:小林亮太
タマネギ部隊:細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生、蒼木陣
魔夜メンズ:佐藤銀平、吉川純広、富岡晃一郎、三上陽永、柴一平、香取直登
ロビー少尉:三津谷亮
バンコラン:青木玄徳
声の出演:大塚明夫三田村賢二大堀こういち池田鉄洋

(c)魔夜峰央/白泉社

コミックナタリーをフォロー