コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

渡邊ダイスケ「外道の歌」実写映画化決定!復讐代行を請け負う男たち描く

1971

渡邊ダイスケ「外道の歌」の実写映画化が決定した。

「外道の歌」は、凶悪犯罪の被害者や遺族から復讐代行を請け負う“復讐屋”の男・カモと、その相棒・トラの暗躍を描く物語。前作「善悪の屑」の第2部として、ヤングキング(少年画報社)にて連載されている。映画の公開時期やキャストは、ヤングキング誌上にて順次発表予定だ。

なおヤングキングでは新増刊・ヤングキングBLACKを3月19日に刊行。同誌には「外道の歌」の新作番外編のほか、永田諒が描く「外道の歌」の公式スピンオフ「園田の歌」などが掲載される。

コミックナタリーをフォロー