コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

氷川きよしがゲゲゲのゲ♪「鬼太郎」主題歌を担当、EDテーマはまねきケチャ

1579

水木しげる原作によるテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期のオープニング主題歌が、氷川きよしの歌う「ゲゲゲの鬼太郎」に決定した。

氷川は「鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在」とコメントを発表。大きくなったら妖怪になりたいと思っていたそうだが「妖怪にならずに歌手になって本当によかった」と喜びを語った。

またエンディング主題歌が5人組アイドルユニット・まねきケチャの楽曲「鏡の中から」に決定。アニメのテーマソングを歌うことが「まねきケチャにとって夢のひとつだった」と述べ、「いつかアニメにも登場できたら…」と期待を寄せている。

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期は4月1日9時より、フジテレビほかにて放送開始。人々が妖怪の存在を忘れた現代を舞台に、人間の心の闇や問題点を描いていく。

氷川きよしコメント

「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌を歌わせていただけるなんて、これは夢なんじゃないでしょうか!? 昨年、子供の頃から大ファンだった「ドラゴンボール超」のオープニングテーマを歌わせていただき、もしかして、一生分の運をすべて使ってしまったのではないかと心配になるほどうれしかったのですが、今回また、「ゲゲゲの鬼太郎」ですよ! 鬼太郎は幼い頃の僕の“人生の師匠”的存在です。大きくなったら妖怪になりたいと思っていたくらいです(笑)。この世のものとは思えないくらい幸せです。妖怪にならずに歌手になって本当によかったです。長く皆様に親しんでいただける、氷川きよしらしい歌声をお届けしたいと思います。

まねきケチャコメント

結成当時より、まねきケチャにとって夢のひとつだったアニメのテーマソングを歌えること、それが誰もが知っている「ゲゲゲの鬼太郎」の50周年という節目にご一緒出来ることに興奮しています。老若男女、皆さんに楽しんでいただけるような楽曲になったと自負しております。歌だけでなく、天使と妖怪は接点もありそうなので、いつかアニメにも登場できたら…なんてちょっぴり期待しております。

狩野雄太(プロデューサー・フジテレビ編成部)コメント

「ドラゴンボール超」に引き続き、氷川さんに“あの楽曲”を歌唱して頂けることになり全員感激しています! そして楽曲は「ワンピース」でもお馴染みの田中公平先生が編曲して下さいました!! 声優陣に負けず劣らず最強すぎる組み合わせが実現しましたので日曜あさ9時からリアルタイムで是非ご覧頂けたら幸いです。さらにエンディングも今作のねこ娘やまなに引けを取らない素敵なアーティストに歌唱して頂けることになり、番組に勢いと大きな華が加わりました! また奇妙奇天烈なゲゲゲの鬼太郎の世界観とこの世界に福を招く見習い天使・まねきケチャとの化学反応って素直に面白いと思いました! エンディングも必見になるようにしますので番組の最後まで絶対ご覧頂きたいです!

(c)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

コミックナタリーをフォロー