コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ゲゲゲの鬼太郎」沢城みゆきら第6期キャストが集結!ゆかりの地でヒット祈願

401

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期の安全・ヒット祈願の様子。 (c)フジテレビ

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期の安全・ヒット祈願の様子。 (c)フジテレビ

水木しげる原作によるテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期の安全・ヒット祈願が、去る1月31日に東京・調布の布多天神社にて開催された。

水木が調布に住んでいたこともあり、境内の奥にある杜が鬼太郎が住む森のモデルになったと言われている布多天神社。この日は鬼太郎役の沢城みゆき、目玉おやじ役の野沢雅子、ねずみ男役の古川登志夫、ねこ娘役の庄司宇芽香、一反もめん役の山口勝平、子泣きじじいとぬりかべの2役を演じる島田敏、砂かけばばあ役の田中真弓、犬山まな役の藤井ゆきよらメインキャスト全員と、スタッフ、関係者ら総勢約100名が勢揃いした。

通常は立ち入ることができない裏の杜を、特別な許可を得て見学したキャスト陣。沢城は「本当にこの木の上に鬼太郎の家がありそうだなっていう、そんな素敵な場所で、幸せなスタートが切れました」とコメントした。初代の鬼太郎を務め、今回は目玉おやじ役で参加する野沢は「鬼太郎が長年経ってお父さんになった、家族ができた、といううれしい気持ちでいます」と本作への思いを語る。また共にイベントに参加した水木の妻・武良布枝は「『ゲゲゲの鬼太郎』が6度目の新作アニメになるとのこと、改めて亡き夫水木しげるへの憶いが浮かびます」「この企画の成功をひたすら祈念し、水木共々厚く感謝申し上げます」と言葉を述べた。

2015年に水木が亡くなってから初のシリーズとなる、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第6期は4月1日にフジテレビほかにて放送スタート。21世紀も20年近くが経ち、人々が妖怪の存在を忘れた現代を舞台に、新たなゲゲゲの鬼太郎の物語が描かれる。

沢城みゆき(鬼太郎役)コメント

ここ、布多天神社の裏の杜は、本当にこの木の上に鬼太郎の家がありそうだなっていう、そんな素敵な場所で、幸せなスタートが切れました。マコさん(野沢さん)、登志夫さん、真弓さんもいらして、(アニメ作品で)基本的な敵は倒してきた方たちばかり揃っていたので、ものすごいパワーを感じました。世代的にも幅広いですし、本当ににぎやかなスタートになってうれしいな、と思いました

野沢雅子(目玉おやじ役)コメント

今日、初めてみんなで集まったんですけど、すぐにパッと団結できる感じがあって。もうずっと一緒にやっているかのような感覚がありました。鬼太郎が長年経ってお父さんになった、家族ができた、といううれしい気持ちでいます。でも、鬼太郎っていい作品ですよ。描かれるのは、人間の世界であって人間の世界ではないじゃないですか。私たちは、その両方を見られるから楽しいですよね

原口尚子(水木しげる氏長女・株式会社水木プロダクション代表取締役)コメント

私は“アニメ鬼太郎第2期世代”です。小学生だった私はこれが一番よく見たシリーズで、夜眠れないほど怖かった回もありました。第1期は、白黒テレビで父・水木しげるも一緒に、家族揃って見た記憶がおぼろげながらあります。 そして今また“アニメ鬼太郎第6期世代”の子ども達が生まれること、とてもうれしく思います

武良布枝(水木しげる氏妻)コメント

「ゲゲゲの鬼太郎」が6度目の新作アニメになるとのこと、改めて亡き夫水木しげるへの憶いが浮かびます。夫の93年の人生は戦争体験、そして漫画製作に精一杯打ち込んだ日々でした。在りし日の姿が目に浮かび、いまだに尽きぬ思いが去来いたします。4月1日から放送の予定とお聞きしております。この企画の成功をひたすら祈念し、水木共々厚く感謝申し上げます

平井伸治氏(鳥取県知事)コメント

「ゲゲゲの鬼太郎」放送決定! 目玉おやじも「目出たしジャ」。楽しいな♪ 楽しいな♪ 鬼太郎ファミリーが帰ってくる! やっぱり、おばけは死な~ない♪!! 鳥取県境港の“水木しげるロード”も7月にリニューアル完成。鬼太郎列車もパワーアップ。みんな、鳥取へ来タロー!!!

中村勝治氏(境港市長)コメント

国民的ヒーロー ゲゲゲの鬼太郎! 第1期放映開始から50年。前作第5期から約10年の時を経て「ゲゲゲの鬼太郎」が戻ってきた。今年7月、水木しげるロードがリニューアルとなります。このようなタイミングで新作『ゲゲゲの鬼太郎』が放映されることは境港市にとっても大きな喜びであり、大変力強く思います。ぜひ、一緒に盛り上げていきましょう

庄司行男氏(水木しげる記念館館長)コメント

水木作品を代表する「ゲゲゲの鬼太郎」。その第6期新作アニメがこの4月から放映されると知り、思わず歓声を上げました。おそらく多くの水木ファン、鬼太郎ファンの思いも同じだったのではないでしょうか。老若男女、それこそ日本中で知らない人はいない「ゲゲゲの鬼太郎」。そこにまた新たなチビッ子ファンが加わることを考えると…今から胸が躍ります

長友貴樹(調布市市長)コメント

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(第6期)放送決定、誠におめでとうございます。「ゲゲゲの鬼太郎」がアニメ化され50周年記念の節目となる年を大きな喜びとともに迎えることができ大変嬉しく思います。調布市は“水木マンガの生まれた街”として、原作者である調布市名誉市民・水木しげるさんのゆかりの地でもあることから、今作品が幅広い世代の多くの方に視聴いただけることを期待しております

テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」

放送日時:2018年4月1日(日)スタート 毎週日曜9:00~9:30(一部地域を除く)
放送局:フジテレビ ほか

スタッフ

原作:水木しげる
プロデューサー:狩野雄太(フジテレビ編成部)、佐川直子(読売広告社)、永富大地(東映アニメーション)
シリーズディレクター:小川孝治
シリーズ構成:大野木寛
キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔
音楽:高梨康治、刃-yaiba-
制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション

キャスト

鬼太郎:沢城みゆき
目玉おやじ:野沢雅子
ねずみ男:古川登志夫
ねこ娘:庄司宇芽香
犬山まな:藤井ゆきよ
砂かけばばあ:田中真弓
子泣きじじい&ぬりかべ:島田敏
一反もめん:山口勝平

(c)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

コミックナタリーをフォロー