コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「曇天に笑う」に関智一がカメオ出演、「PSYCHO-PASS」繋がりで

585

映画「曇天に笑う」より。

映画「曇天に笑う」より。

唐々煙原作による実写映画「曇天に笑う」に、関智一と、アニメ監督の塩谷直義がカメオ出演していることが明らかになった。

これは本作の監督である本広克行監督が、狡噛慎也役を関が演じ、監督を塩谷が担当したアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」で、総監督を務めていた縁から実現したもの。2人は政府によって囚われた犯罪者たちが送り込まれる、脱獄不可能な監獄・獄門処の看守として登場している。関は「こんな素敵な作品に少しでも関われて幸せに思います!皆さん、僕がどこに出ていたか、ちゃんと見つけて下さいね( ^ω^ )」とコメントを寄せた。

なお映画の公開を記念し、本作の魅力をさまざまな角度から紐解く連載企画をナタリーで展開中。コミックナタリーでは唐々煙にインタビューを実施し、「曇天に笑う」の誕生秘話から、3兄弟創出の際に参考にしたという意外なグループ、セリフの発想方法やメディアミックス作品に対する思いなどについてたっぷりと語ってもらった。

関智一コメント

凄いスケールの画が、これでもかこれでもかと描きだされ、あっと言う間にエンデングになっちゃいました。
こんな素敵な作品に少しでも関われて幸せに思います!
皆さん、僕がどこに出ていたか、ちゃんと見つけて下さいね( ^ω^ )

塩谷直義コメント

本広さんとのお仕事は、僕にとって勉強になる事ばかりです。今回の出演依頼は正直衝撃でしたが……汗。『監督の現場を中で経験してみたい!』と思い参加させていただきました!
すっごく熱量のある撮影現場で大変勉強になりました!皆さんも、是非この熱い物語を映画館で堪能下さい!!

(c)2018映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

コミックナタリーをフォロー