コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

細田守の最新作は「未来のミライ」4歳の男の子と未来からきた妹の物語

20138

「未来のミライ」ビジュアル

「未来のミライ」ビジュアル

「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」などで知られる細田守監督の最新映画のタイトルが、「未来のミライ」であることが明らかになった。2018年7月20日に全国東宝系にて公開される。

「未来のミライ」の軸になるのは、とある都会の片隅の小さな家に暮らす、甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃん。妹が生まれて両親の愛情を奪われたように感じ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃんだったが、そんなとき未来からやってきた妹・ミライちゃんと出会う。少し変わった“きょうだい”が織り成す物語だ。

なおコミックナタリーでは、本日12月13日に行われた記者会見の様子を、後ほど詳しくレポートする。

「未来のミライ」

2018年7月20日(金)全国東宝系にて公開

スタッフ

監督・脚本・原作:細田守
作画監督:青山浩行、秦綾子
美術監督:大森崇、高松洋平(高ははしごだかが正式表記)
プロデューサー:齋藤優一郎
企画・制作:スタジオ地図

※関連記事はこちらから
「未来のミライ」発表会見、細田守「最新作は家族の歴史を巡る冒険の物語」

コミックナタリーをフォロー