コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「おおきく振りかぶって」追加公演が決定、ひぐちアサから期待のコメントも

1548

ひぐちアサ原作による舞台「おおきく振りかぶって」の追加公演が決定した。

追加された公演日程は、2月4日19時開演回と2月7日19時開演回の計2公演。チケットは12月2日より公式にて先行販売されたのち、12月23日より一般販売される。また2007年に放送されたテレビアニメ第1期のオープニングテーマであるBase Ball Bear「ドラマチック」が、舞台の劇中曲として採用されることも決定した。

さらに原作者・ひぐちから舞台化についてのコメントも到着。ひぐちは「野球を表現する最高のメディアはマンガだと思っていましたが、アニメ化してもらった時にその考えを打ち砕かれました。野球と舞台、けして相性がいいとは思えないこの素材を、成井さんがどう料理してくれたのか、今回も、自分の狭い考えを打ち砕いてもらえるのが楽しみです!」と、キャラメルボックス成井豊が脚本・演出を務める舞台への期待を語っている。

「おおきく振りかぶって」は、2003年に月刊アフタヌーン(講談社)にて連載開始した野球マンガ。公立高校の新設野球部を舞台に、甲子園優勝を目指す球児たちの成長が描かれる。舞台は2018年2月2日より12日まで、東京・サンシャイン劇場にて上演。

ひぐちアサコメント

学生時代、演劇部の友人達が口を揃えて絶賛していたキャラメルボックス、おお振りを舞台化していただけると聞いても、なかなか頭がついて行きませんでした。役者さんが決まり、脚本を読ませてもらってもまだキツネにつままれているような感覚でしたが、舞台化の情報が公開されるやいなや、たくさんの方からすごいすごいと言われ、やっと実感が湧きました。
野球を表現する最高のメディアはマンガだと思っていましたが、アニメ化してもらった時にその考えを打ち砕かれました。
野球と舞台、けして相性がいいとは思えないこの素材を、成井さんがどう料理してくれたのか、今回も、自分の狭い考えを打ち砕いてもらえるのが楽しみです!

舞台「おおきく振りかぶって」

会期:2018年2月2日(金)~2月12日(月・祝)
会場:サンシャイン劇場

スタッフ

原作:ひぐちアサ(講談社「月刊アフタヌーン」連載中)
脚本・演出:成井豊キャラメルボックス

キャスト

西浦高校

三橋廉:西銘駿
阿部隆也:猪野広樹
百枝まりあ:久住小春
花井梓:白又敦
田島悠一郎:納谷健
泉孝介:安川純平
栄口勇人:竹鼻優太
水谷文貴:湯本健一
西広辰太郎:亀井賢治
沖一利:関根翔太
巣山尚治:元木諒
篠岡千代:澤田美紀
志賀剛司:筒井俊作

桐青高校

高瀬準太:金井成大
河合和己:加藤潤一
島崎慎吾:松本祐一

武蔵野第一高校

榛名元希:平田雄也
秋丸恭平:川隅美慎
加具山直人:島野知也

三星学園

叶修悟:石渡真修
織田裕行:鶏冠井孝介
畠篤史:吉田英成

(c)ひぐちアサ・講談社/舞台「おおきく振りかぶって」製作委員会

コミックナタリーをフォロー