コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

杉田智和が「プレスコ童貞をゴジラに奪われた」と告白、花澤香菜慌てる

579

「GODZILLA 怪獣惑星」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から杉田智和、花澤香菜、瀬下寛之監督。

「GODZILLA 怪獣惑星」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。左から杉田智和、花澤香菜、瀬下寛之監督。

コザキユースケがキャラクターデザイン原案を務めるアニメ映画「GODZILLA 怪獣惑星」の大ヒット御礼舞台挨拶が、本日11月23日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催された。

怪獣と、怪獣をも駆逐する究極の存在・ゴジラの出現によって地球を追われた人類の逆襲を描く本作。イベントにはユウコ役の花澤香菜、マーティン役の杉田智和、監督の瀬下寛之が登壇。映画のヒットを受け、瀬下監督は「企画をいただいたときは、アニメでゴジラ作るなんて無理無理って言ってた。でも映画はお客様の拍手で成り立っていると思うので、拍手を直接もらえるのは本当にうれしい」と感謝の言葉を述べた。

本作が、映像に先行して声優たちの音声を収録するプレスコ方式で制作されたことに触れると、プレスコ初体験だったという杉田が「プレスコ童貞をゴジラに奪われて。ゴジラ、大きかったです」と語り、観客をざわつかせる。花澤が慌てて「それは存在感が大きかったんですよね?」とフォローに入ると、淡々とした表情で「そうですね、うれしかったです」と付け足した。そんな2人のやり取りをにこやかに眺めていた瀬下監督は「杉田さん面白すぎて。僕は杉田さんの話をずっと聞いていたいです」と楽しげに語り、「杉田さんはプレスコ童貞だと思えないくらいすごかったです」と杉田へ賛辞を贈った。

また「もしゴジラに遭遇したら?」と質問には、「世界終わってますよね」と即答する杉田。さらに「ゴジラに破壊されて、世界は次の新しいステージにいくのかなと。慈悲はないんですよ」と続ける。一方、ゴジラと共存できる方法を考えたいと話す花澤は「解体しなきゃいけないビルとかをぱーってやってもらって。解体してくれたらここの海を使っていいとか、等価交換で。大量にパンを焼きたいときとか(笑)」とゴジラの利用方法について語り、観客を笑わせた。それを聞いていた杉田が「ゴジラが人類の味方になる話もありますからね。急に人語を話すゴジラが出てくるかもしれない」と乗っかると、瀬下監督は「そのアイデアを3章に入れたくなってきた(笑)。最後の最後に『そんなつもりじゃなかった』ってしゃべるとか」と目を輝かせた。

さらに「今だから言える話」を聞かれた杉田は「現場はわりと荒れていました」と暴露。「収録後の会議は異常に時間が長かったし、リテイクも多かった。セリフがまるごと変わったり」と語り、瀬下監督を見ながら「この叩こうにも叩けない親しみのある顔が、一生懸命『申し訳ないんですけど』ってお願いしてきて」と裏話を明かす。さらに長い収録が多かったという現場を振り返り「櫻井(孝宏)さんと宮野(真守)さんと僕でファミレスに行ったりしたんですけど、なかなか目立つなと思って。主に宮野さんが(笑)」述べ、笑いを誘う。また花澤が「瀬下監督が初日まで禁酒をするって伺ったときは驚きました」と述べると、「酔うとどれが秘密かわからなくなって秘密を喋っちゃうので」と言い訳した。

最後、杉田は「これから先、皆さんが“ゴジラ”と聞いて最初に思いつく作品であってほしい」と、花澤は「第2章のユウコちゃんは、とんでもないです! がんばって戦っています! ぜひ皆さん応援よろしくお願いします」とメッセージを送る。そして瀬下監督が「これからもどんどんキャラクターが出てきますので、続きにご期待いただければと思います」と観客に呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

3部作で展開する「GODZILLA」シリーズの1作目となる「GODZILLA 怪獣惑星」は全国の劇場で上映中。2018年5月には、第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」が公開される。

関連する特集記事

劇場版「BLAME!」瀬下寛之×吉平"Tady"直弘×岩浪美和トークPR
「シン・ゴジラ」配信記念特集 虚淵玄、ゴジラの哲学を語るPR

コミックナタリーをフォロー