コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

青木ハヤト「恋愛戦士シュラバン」&7億当選した高校生の物語などエース新連載

31

「恋愛戦士シュラバン」第1話の扉ページ。煽りで使われているフレーズ「修羅場超えるぜ!!」は、本編でも主人公・シュラバンが変身時などに決め台詞として発していく。

「恋愛戦士シュラバン」第1話の扉ページ。煽りで使われているフレーズ「修羅場超えるぜ!!」は、本編でも主人公・シュラバンが変身時などに決め台詞として発していく。

本日10月26日発売の月刊少年エース12月号(KADOKAWA)にて、3本の新連載が一挙にスタートした。

伍箇伝計画原作・しずまよしのりキャラクター原案によるさいとー栄「刀使ノ巫女」は、2018年1月よりスタートするテレビアニメ作品の先行コミカライズ版。霊験あらたかな神器・御刀を持ち、異形の存在・荒魂と戦う少女たちを描いた美少女バトルアクションだ。「高機動無職ニーテンベルグ」の青木ハヤトによる新作「恋愛戦士シュラバン」は、恋愛禁止の組織に所属しながら彼女を作ってしまった戦士・シュラバンを描くヒーローギャグ。川村拓「七億円を手に入れた僕にありがちなこと。」は冴えない男子高校生が宝くじに当選したことから始まる物語になっている。

なお次号でも、気がつけば毛玉原作・かにビームキャラクター原案による森あいり「フリーライフ~異世界何でも屋奮闘記~」、依澄れい「私立カンパネラ学園 男子家庭科部」、白野アキヒロ「アマテラスさんはひきこもりたい!」の3本が連載開始する。

コミックナタリーをフォロー