コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ケロロ」20周年展であります!原画など約150点展示、貞本ら24名もお祝い

878

「ケロロ展 IN AREA 428」の入り口。内覧会にはケロロも訪れ、プレスと一緒に展示を楽しんでいた。

「ケロロ展 IN AREA 428」の入り口。内覧会にはケロロも訪れ、プレスと一緒に展示を楽しんでいた。

吉崎観音「ケロロ軍曹」の生誕20周年を記念した作品展「ケロロ展 IN AREA 428」が、明日8月10日から開催される。これに先駆けて、本日8月9日にプレス向けの内覧会が行われた。

「ケロロ展 IN AREA 428」は、東京・タワーレコード渋谷店8階のSpace HACHIKAIを使って開催。会場には単行本のカバーイラストや連載第1話の生原稿、映像作品用に描かれたさまざまな絵、ゲーム作品とのタイアップ企画で描かれたものなど「ケロロ軍曹」関連の作品約150点が飾られている。また吉崎がイラストを執筆する様子を撮影した動画もモニターを使って上映。フィギュア、ルービックキューブなどグッズも見ることができる。

また「ケロロ軍曹」20周年を祝して、青木ハヤト浅田弘幸、追崎史敏、大川ぶくぶokama小畑健克・亜樹カトキハジメくらもちふさこ、小池智史、貞本義行三部けい島本和彦高橋留美子田島昭宇、谷川流、手塚プロダクション、原ゆたか、フライ、FROGMAN、BENGUS、松本しげのぶ安彦良和、夢唄の24名から贈られたイラスト・メッセージも展示。各人の個性が光るトリビュートイラストは必見だ。

内覧会にはケロロもやってきてプレスと一緒に展示を堪能。自分が描かれた生原稿やグッズを興味深げに眺めて歩き、お決まりの敬礼ポーズを披露するなどのパフォーマンスも披露した。会期中はグリーティングデーが設けられており、8月18日と26日の12時・14時・16時からは各30分ケロロが会場を訪れる。

会場では記念グッズも販売。限定100枚の吉崎直筆サイン入り描き下ろしアートグラフを始め、図録、Tシャツ、キャップ、ポストカードセット、トートバッグ、マフラータオル、ボトルホルダー、単行本1巻から29巻の表紙絵がデザインされた缶バッジくじ、アクリルチャーム、クリアファイル、ボールペン、マグカップ、イヤホン、クリアバッグなどのアイテムがラインナップされている。在庫など詳細は会場にて確認を。

なお本展の開催に合わせて、青山オーバルカフェでは期間限定の「ケロロカフェ」を実施。「ケロロカプチーノ」「ケロンクリームソーダ」「ケロロドーナツ」といった限定メニューを提供しており、コラボドリンクを注文した人には特製コースターをプレゼント。「ケロロ展」「ケロロカフェ」では連動した探索型イベント「ケロロ428作戦」を行い、謎を解き明かした人にはクリア賞が贈られる。クリア賞は日替わりで全5種類を用意。8月12日は青山オーバルカフェが休業となるため、クリア証の交換ができないので注意しよう。

「ケロロ展 IN AREA 428」は9月2日まで開催。入場料は1000円で、チケットはローソンチケットにて販売されている。

「ケロロ展 IN AREA 428」ケロロ軍曹生誕20周年記念吉崎観音作品展

会期:2018年8月10日(金)~9月2日(日)
会場:タワーレコード渋谷店8F Space HACHIKAI
料金:1000円

ケロロカフェ

期間:2018年8月10日(金)~9月2日(日)※8月12日休業
会場:青山オーバルカフェ

コミックナタリーをフォロー