コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

演劇「ハイキュー!!」新作はセッターの物語!須賀健太は「作品自体が協奏曲」

4222

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“勝者と敗者”」ゲネプロの様子。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“勝者と敗者”」ゲネプロの様子。

古舘春一「ハイキュー!!」を原作とした舞台「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“勝者と敗者”」が、本日3月24日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。

シリーズ3作目となる「“勝者と敗者”」の舞台は、インターハイ宮城県予選。2回戦を突破した烏野高校は、県内屈指の強豪・青葉城西高校と対決する。「観劇」ならぬ「観戦」という言葉を掲げる同作、公演前には試合前のアナウンス風に注意喚起が流れる。冒頭では木村達成演じる影山と遊馬晃祐演じる及川、両チームのセッターが、オーケストラの指揮者に扮して登場。キャラクター紹介を兼ねたおなじみのオープニングでは、チームをオーケストラに見立て、それぞれのメンバーが担当楽器を演奏するジェスチャーを交えて盛り上げる。

囲み取材には日向翔陽役の須賀健太、影山飛雄役の木村達成、菅原孝支役の猪野広樹、及川徹役の遊馬晃祐、岩泉一役の小波津亜廉が登壇。須賀は「初めてこの作品を俯瞰で見れる立ち位置というか、日向としてちょっと冷静に、コートの外から見れる瞬間がある作品」と自身の役どころを語りつつ、「今回はセッターの話だと思っています。ボールを託す人たちの話。誰にどう託すのか観ていただければ」とテーマを明かす。さらに「音楽への寄り添い方がさらに強まったと思います。この作品自体がひとつの協奏曲のようになっている」と、今作の見どころを述べた。

烏野のセッターである影山を演じる木村も、「セッターは常に誰に上げて1点を取るかというのを考える生き物なんですが、どのタイミングで誰に上げるのかというのもひとつの見どころ。それぞれのセッターのいいところを吸収した影山も見てもらえたら」と続ける。さらに烏野3年生のセッターである菅原孝支役の猪野は「菅原という役は影山が(烏野に)入ってきて初めて公式戦に出る。彼の緊張と僕自身の緊張が相まっていろんな感情が出てくるんですけど」と心境を話しつつも、「菅原が入ることで青城と烏野にどう影響を与えるのか楽しみにしていただければ」とアピールした。

一方、青葉城西のセッターであり影山の中学時代の先輩である及川徹を演じる遊馬は「僕も青城も最初は余裕といいますか、(烏野を)舐めきっている場面もあって。でも菅原が入ってくることによって展開が変わるんです。2幕、3幕とやっていく中で青城が焦って、最後にはどっちが勝つがわからないという状況に……」とストーリーの展開を説明しだすと、思わず須賀が「え、(そこまで)言うか……?」とたじろぎながらもツッコミ。遊馬は笑いながらも「『どっちが勝つがわからない』だから! その緊迫感を楽しみにしていただければ」と無理矢理まとめてみせる場面も見られた。そして及川の良き相棒である岩泉一役を演じる小波津は、「今まで描かれてなかった過去のドラマが描かれているので、そこが見どころ」と回想シーンをピックアップ。「個人的には岩泉と及川との過去、及川と影山の過去、そして及川のもうひとつの一面が見えるシーンも」と注目ポイントを挙げる。

プロジェクションマッピングや円形の回り舞台など、さまざまな演出が凝らされている同作。演出を手がけるウォーリー木下は、「“ハイパープロジェクション演劇”という名前がついてはや2年、ようやく“ハイパープロジェクション演劇”になったかなと」と自信のほどをうかがわせ、「デカい劇場でびっくりするくらいいろんな演出をやっているので、ぜひお楽しみください」と、これまでの劇場とはキャパシティも大きくなったことにも触れコメントした。最後に須賀は「WBCだったりサッカーのワールドカップ予選だったり、今日本に熱いスポーツの風が吹いていると思います。僕たちも熱い演劇という新しいスポーツを生み出し、それを皆さんにお届けしたいと思います。ぜひ劇場に、いや体育館に遊びに来ていただければと思います!」と意気込みを語った。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“勝者と敗者”」は本日より3月26日までTOKYO DOME CITY HALLにて上演したのち、宮城・多賀城市民会館 大ホール、大阪・梅田芸術劇場 メインホール、福岡・キャナルシティ劇場を巡演。4月28日からは再びTOKYO DOME CITY HALLにて凱旋公演が行われる。5月7日の大千秋楽は全国の映画館にてライブビューイングを実施。また9月13日にはBlu-rayとDVDがリリースされることも決定した。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“勝者と敗者”」

期間:2017年3月24日(金)~26日(日)
会場:東京・TOKYO DOME CITY HALL

期間:2017年3月31日(金)~4月2日(日)
会場:宮城・多賀城市民会館 大ホール

期間:2017年4月13日(木)~16日(日)
会場:大阪・梅田芸術劇場 メインホール

期間:2017年4月21日(金)~23日(日)
会場:福岡・キャナルシティ劇場

期間:2017年4月28日(金)~5月7日(日)
会場:東京・TOKYO DOME CITY HALL

原作:古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
演出:ウォーリー木下
脚本:中屋敷法仁・ウォーリー木下

キャスト

烏野高校

日向翔陽:須賀健太
影山飛雄:木村達成
月島蛍:小坂涼太郎
山口忠:三浦海里
田中龍之介:塩田康平
西谷夕:橋本祥平
縁下力:川原一馬
澤村大地:秋沢健太朗
菅原孝支:猪野広樹
東峰旭:冨森ジャスティン

青葉城西高校

及川徹:遊馬晃祐
岩泉一:小波津亜廉
金田一勇太郎:坂本康太
国見英:有澤樟太郎
矢巾秀:山際海斗
渡親治:齋藤健心
花巻貴大:金井成大
松川一静:白柏寿大

音駒高校

孤爪研磨:永田崇人
黒尾鉄朗:近藤頌利

烏野高校 OB

嶋田誠:山口賢人

烏野高校 顧問・コーチ

武田一鉄:内田滋
烏養繋心:林剛史

(c)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

コミックナタリーをフォロー