コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

売野機子の近未来ラブストーリーがバーズで、QUO VADISは10年の歴史に幕

291

本日2月28日に発売された月刊バーズ4月号(幻冬舎コミックス)にて、売野機子の新連載「ルポルタージュ」がスタートした。

「ルポルタージュ」は結婚相手をWeb上で簡単にマッチングすることにより、若者の恋愛へのプレッシャーが減ったとされる2033年の日本を舞台にしたラブストーリー。新聞記者の青枝聖と絵野沢理茗が、大型シェアハウスで発生したテロ事件のルポルタージュを任されたことから物語は動き出す。

このほか今号では新谷かおる原作による佐伯かよの「QUO VADIS~クオ・ヴァディス~」が10年の連載に幕を下ろした。3月30日発売の月刊バーズ5月号では、青野春秋の新連載「花束をください」が始動する。

コミックナタリーをフォロー