コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「デスノート」対策本部に潜入、東出昌大と池松壮亮がプレッシャー語る

220

「デスノート Light up the NEW world」より、デスノート対策本部のシーン。

「デスノート Light up the NEW world」より、デスノート対策本部のシーン。

大場つぐみ小畑健監修による実写映画「デスノート Light up the NEW world」の撮影が某所で行われた。コミックナタリーではその撮影現場の様子をレポートする。

「アイアムアヒーロー」の佐藤信介がメガホンを取った本作は、藤原竜也がキラこと夜神月を、松山ケンイチが世界的探偵Lを演じた「DEATH NOTE」シリーズの続編。2人の死から10年後の世界で、6冊のデスノートを巡る物語が展開される。

この日は、コンクリート打ち放しの空間にガラスのブースが設置されたデスノート対策本部のセットで撮影を実施。現場には捜査官の1人で、“デスノートオタク”と称される三島創役の東出昌大、Lが生前に遺した遺伝子から生まれた“正統な後継者”竜崎役の池松壮亮のほかに、前シリーズに引き続き松田桃太を演じる青山草太らの姿が。

白と黒を基調にしたセットでは、対策本部の捜査員たちと世界的探偵である竜崎による会議のシーンが切り取られていく。作り込まれた撮影現場に対して東出は「この荘厳な美術に見合うような演技をしなくては」、池松は「アプローチの仕方を常に考えている現場は久しぶり」とそれぞれに意欲をのぞかせる。

自身を「DEATH NOTE」世代と呼ぶ東出に、続編の出演に際してプレッシャーを感じたかを聞くと「前作の焼き直しだったら、『まさか、できないです』と言っていたと思う。三島と竜崎の新たな物語なので、今は楽しみという気持ちのほうが強いですね」と明かす。「隠さずに言えばリスキーだなと思った」と続編製作について言及する池松は、「ファンの方が多い作品なので絶対に文句は言われてしまうと思うんです。でもみんなでいろんなものを凌駕して、すごいことをやりたい」と熱意を語る。

三島、竜崎のほかに菅田将暉扮するサイバーテロリストの紫苑優輝がノートの争奪戦を繰り広げる本作。プロデューサーの佐藤貴博は「大場先生から6冊ルール(を使うの)に関して、何故6冊のノートが人間界にもたらされるのかの理由が必要と言われて、そのアイデアを大場先生からいただきました」と製作時を振り返る。また新たな死神が登場することに触れ「小畑先生に新しい死神のデザインの原案と監修を務めていただいています」と明かした。

「夜神月は法律で裁けない者を粛清するというニュアンスが強かった」と前作の登場人物を評する佐藤貴博。その続編の物語について「テロや戦争が増加している現在の状況を反映している。犯罪者というよりもテロリスト、国家規模の戦争まで話を広げている」と力強く語った。

東出、池松のほか菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香らが出演する「デスノート Light up the NEW world」は10月29日より全国ロードショー。

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

コミックナタリーをフォロー