「デスノート 2016」リューク役は中村獅童が続投、肌や羽の質感もアップ

775

大場つぐみ小畑健原作による実写映画「デスノート 2016」にて、死神のリューク役を2006年公開の「DEATH NOTE」「DEATH NOTE the Last name」に引き続き中村獅童が務めることが決定した。

「デスノート 2016」よりリューク。

「デスノート 2016」よりリューク。

大きなサイズで見る(全11件)

合わせてリュークが登場する場面写真も公開。写真には前作と比べ肌や髪、羽、皮の質感がアップしたリュークの姿が収められた。なお本作では中村のフェイシャルキャプチャーも行っており、表情の芝居もCGに落とし込んでいる。中村はリュークを演じることについて「私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」とコメントを寄せた。

映画「デスノート 2016」は10月29日に公開。夜神月とLとの対決から10年後を舞台に、地上に存在する6冊のデスノートをめぐって、東出昌大扮する三島創、池松壮亮扮する竜崎、菅田将暉扮する紫苑優輝の3人による三つ巴戦が展開される。

この記事の画像(全11件)

中村獅童コメント

出来上がりがどんな風になるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。今までのデスノートファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなという風に思います。私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです。

全文を表示

関連記事

大場つぐみのほかの記事

リンク

関連商品

(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 大場つぐみ / 小畑健 / 中村獅童 / 菅田将暉 / 池松壮亮 / 東出昌大 / デスノート Light up the NEW world の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。