コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ちはやふる」末次由紀からの手紙に「千早は広瀬さんにしか演じられない」

2532

「ちはやふる -下の句-」公開初日舞台挨拶の様子。

「ちはやふる -下の句-」公開初日舞台挨拶の様子。

末次由紀原作による実写映画「ちはやふる -下の句-」の公開初日舞台挨拶が、本日4月29日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて実施。綾瀬千早役の広瀬すず、真島太一役の野村周平、綿谷新役の真剣佑、大江奏役の上白石萌音、西田優征役の矢本悠馬、駒野勉役の森永悠希、若宮詩暢役の松岡茉優小泉徳宏監督が登壇した。

広瀬は「『-下の句-』の公開日を迎えるのは自分の中ではあと1、2カ月先の感覚だったので、正直まだ実感がわいてないです。でもこうしてたくさんの方にまた『ちはやふる』を観ていただいて、『あ、始まるんだな』とジワジワ実感しつつあります」とコメント。矢本は「なんか……すごく寂しいんですよね、このメンバーでのこの仕事が今日で最後だと思うと。すいません、暗くて」と謝るとキャストから笑いがこぼれる。「いや、明るくしゃべりたいんですけど、ちょっと寂しいんですよね!」と続け、作品への思いを伺わせた。

キャスト陣がそれぞれ映画の撮影を通して得たものを述べていく中、司会が「広瀬さんの目に何か熱いものが……」と振ると、広瀬は「ちょ、やめてください本当に!」と動揺する。野村や松岡から「がんばったもんね」と声をかけられた広瀬は「本当にやめて、怒るよ! もう嫌い、みんな嫌い! もうやだ」と言いながらも涙をおさえきれない。

またイベントでは末次からサプライズレターも到着。末次はキャスト陣1人ひとりへの思いを言葉にし、広瀬に対しては「広瀬さんの両目が横長のスクリーンに大写しにされたとき、千早は広瀬さんにしか演じられないと強く思いました。それは前編を通して伝え続けられて、観終わるころには、『ちはやふる』に輝く新しい千早が生まれていました」と綴った。

司会が手紙を代読し終わると、感極まり何も言えない広瀬の代わりに野村が代弁を買って出る場面も。野村が模範的なコメントを述べると、広瀬は「だいたいは私の言いたかったことと合ってます(笑)」と語り、「末次先生からはずるいよね……」とつぶやいた。しかし末次の手紙には続きがあり、「皆さんが演じる新しい『ちはやふる』が、もう一度観られることを心の底から喜んでいます。次回作もよろしくお願いします」という締めくくりにキャスト陣と来場者が騒然とすると、スクリーンに「ちはやふる続編製作決定!!」という文字が映し出され、大歓声が上がる。

広瀬は驚きのあまりその場にへたり込んでしまい、司会から感想を聞かれると「ごめんなさい、ちょっとわかんない!」「待って待って、監督どういうこと!?」と大混乱。小泉監督が「続編製作、決まっております!」と断言すると大きな拍手が起こり、キャスト陣は驚きながらも喜びに満ちた表情を浮かべていた。

「ちはやふる」は小倉百人一首を用いた競技かるたを題材に、その頂点を目指して奮闘する高校生たちを描く青春ストーリー。原作はBE・LOVE(講談社)にて連載され、単行本は31巻までが発売中。映画は「ちはやふる -上の句-」「-下の句-」の2部作で製作されている。

(c)2016 映画「ちはやふる」製作委員会 (c)末次由紀 / 講談社

コミックナタリーをフォロー