飯沼ゆうきが描く維新ピカレスクロマン、サンデーGXにて開幕

39

飯沼ゆうきによる新連載「新生のリブラ」が、本日1月19日発売の月刊サンデーGX2月号(小学館)にてスタートした。

「新生のリブラ」扉ページ

「新生のリブラ」扉ページ

大きなサイズで見る(全3件)

「新生のリブラ」の舞台は維新により平等が説かれた小さな島国・八国。物語はそんな八国で最下層に属する青年・鈴(せず)のもとに、候族である間宮薫が現れるところから始まる。薫は鈴に自身の影武者になることを命じるが……。「いつわりびと◆空◆」などで知られる飯沼が描くストーリーに注目しておこう。

また今号では吉田丸悠「じごくあね」が最終回を迎えた。単行本最終4巻は3月18日に発売される予定だ。

この記事の画像(全3件)

飯沼ゆうきのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 飯沼ゆうき / 吉田丸悠 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。