コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「真夜中の弥次喜多」制作発表で、藤原祐規「ホモでヤク中の気持ちに」

787

(下段左から)松本寛也、藤原祐規、唐橋充、伊藤修子、汐崎アイル。(上段左から)田代哲哉、岡田あがさ、田上真里奈、三上俊、富田麻帆、西山丈也、松本祐一。

(下段左から)松本寛也、藤原祐規、唐橋充、伊藤修子、汐崎アイル。(上段左から)田代哲哉、岡田あがさ、田上真里奈、三上俊、富田麻帆、西山丈也、松本祐一。

しりあがり寿原作による舞台「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』」の特別番組が、11月12日に東京・AmebaFRESH! Studioより公開生放送された。

番組では出演者の配役が明らかに。弥次さん役は唐橋充、喜多さん役は藤原祐規、うその弥次さん役は汐崎アイルが演じる。また、うその喜多さん役は日替わりでゲストが担当し、藤田玲、水石亜飛夢、平野良が出演することも明らかとなった。今後も続々とゲストが発表されていく予定だ。

番組後に行われた制作発表会には、キャスト陣が勢揃い。また番組には間に合わず電話出演していた汐崎アイルも、別の現場から駆けつけた。出演者たちは、それぞれ演じる役について順にコメント。弥次さん役の唐橋充は「顔の知った役者さんばかり、尊敬できる方々に囲まれているので安心しています。演出の川尻(恵太)さんは私の憧れの演出家なので、ご一緒できることが今から楽しみでなりません。これから弥次さんの気持ちで台本を読むので、まだなんともわからないんですけど、ぜひ劇場にお越しください」と挨拶した。

喜多さん役の藤原祐規からは「まさかの喜多さんですけれど、まずキャラクターがホモでヤク中とういことで、その気持ちがわかるように私生活でがんばっていきたいと思います(笑)」と危ないコメントが飛び出すと、共演者からはどよめきと笑いが起きる。さらに「このメンバーはみんな共演したことある人ばかり、素敵な人ばかりできっとこの公演は楽しくなると確信があります。弥次さん喜多さんは伊勢に行くわけですけども、初詣のつもりで来ていただければと思います」と続けた。うその弥次さん役の汐崎アイルは、神妙な面持ちで「嘘と夢は紙一重と言います」と話しはじめると、またしても笑いとどよめきが。「僕は喜多さんと皆さんに夢を見せたいと思います。なので覚悟しておいてください」とのコメントに、共演者からは「嘘っぽい(笑)」との声が上がっていた。

そのほか、空の守役・松本寛也は「かまぼこ役です(笑)。原作を読んだ人はどんなふうになるか楽しみに待っていただければと思います」、バーテンダー役・三上俊は「割とクレイジーな役どころだと思いますが、その辺を真摯に作りあげていきたいと思います」、バーテンダーの妻役・田上真里奈は「キノコの女を演じます。キノコは私の好きな食べ物5本の指に入るので、よく見ておりますので、その辺は問題ないかと思います」、あぶくの女/お雪役・岡田あがさは「今回2人の弥次さん喜多さんの旅をいい感じに邪魔して、しっちゃかめっちゃかにしていけたらと思います」とコメント。

紅牛役・西山丈也は「僕は丑年ということでこの役に選ばれたんじゃないかと思います。全身が牛なので自分の顔が出るのかどうかわかりませんが、出していただきたいと思います」、Gロッソマングリーン役・松本祐一は「オリジナルキャラということで、この『弥次さん喜多さん』の世界に入り込んでみんなと楽しめたらいいと思います」、乗務員役・田代哲哉は「僕もオリジナルキャラということでどういうふうになるのか全くわかりません。初めてだらけで新年1発目を迎えられたらと思います」、ジャンヌダルク役・富田麻帆は「私もオリジナルキャラです。大好きなおふたりが主演なので、この作品は絶対おもしろくなると思います」、奪衣婆役・伊藤修子は「少しでも原作のイメージに近づけるようにがんばっていきたいと思います。映画では研ナオコさんがやられた役ということでどうしても引きずられてしまいそうですけど、そこは自分なりにがんばりたい」と、それぞれひと言ずつ挨拶した。

楽しみにしている役柄はあるかという質問に対し藤原は「僕はかまぼこです」と即答。「寛也くんのやる空の守っていう役がかまぼこになるんですけど……何言ってるかよくわからないと思いますけど(笑)、原作でも本当にかまぼこになるんですよ」とフォローを入れつつ、「それが舞台上でどう表現されるのか楽しみです」と期待を寄せた。唐橋は「オリジナルのキャラクターが楽しみです。原作と映画と舞台で、どの辺の差異を付けられるか図っていきたいですね」と見どころを語る。また「富田さんみたいな歌える踊れる人がGロッソを駆け巡ると思うと、ヒヤヒヤしますね(笑)」と付け加えると、富田は「よく転ぶからね。転ばないようにしないとね」と返していた。さらにこの日は、三上俊の34歳の誕生日。制作発表会終了後にサプライズでケーキが登場し、キャスト全員で三上のバースデーを祝した。

「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』」は、「真夜中の弥次さん喜多さん」を原作とし、歌、ダンス、パフォーマンスを絡めた演目。弥次さんと喜多さんは、薄っぺらな江戸の町から“リヤル”を求めてお伊勢様を目指し旅に出る。東京・シアターGロッソにて2016年1月10日から17日まで、大阪・サンケイホールブリーゼにて1月22日から24日まで上演。チケットは目下発売中だ。

おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」

期間:2016年1月10日(日)~17日(日)
会場:東京・シアターGロッソ

期間:2016年1月22日(金)~24日(日)
会場:大阪・サンケイホールブリーゼ

企画・製作:CLIE
演出:川尻恵太(SUGARBOY)
脚本:神楽澤小虎(MAG.net)
音楽:あらいふとし
振付:竹森徳芳

キャスト

弥次さん:唐橋充
喜多さん:藤原祐規

空の守:松本寛也
バーテンダー:三上俊
バーテンダーの妻:田上真里奈
あぶくの女/お雪:岡田あがさ
紅牛:西山丈也
Gロッソマングリーン:松本祐一
乗務員:田代哲哉
ジャンヌダルク:富田麻帆

奪衣婆:伊藤修子
うその弥次さん:汐崎アイル

うその喜多さん(日替わり):藤田玲、水石亜飛夢、平野良ほか

(c)しりあがり寿 (c)しりあがり寿/2015 おんすて弥次喜多

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー