コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「俺物語!!」舞台挨拶、鈴木亮平「本当に俺でいいのかとずっと思ってた」

152

「俺物語!!」初日舞台挨拶の様子。(左から)河合勇人監督、鈴木砂羽、坂口健太郎、鈴木亮平、永野芽郁、寺脇康文。

「俺物語!!」初日舞台挨拶の様子。(左から)河合勇人監督、鈴木砂羽、坂口健太郎、鈴木亮平、永野芽郁、寺脇康文。

河原和音アルコ原作による映画「俺物語!!」の公開初日舞台挨拶が、本日10月31日に東京・お台場シネマメディアージュにて行われた。

イベントには剛田猛男役の鈴木亮平、大和凛子役の永野芽郁、砂川誠役の坂口健太郎、剛田ゆり子役の鈴木砂羽、剛田豊役の寺脇康文、監督の河合勇人が登壇。同作を現代版の「美女と野獣」と表現した主演の鈴木は「いよいよこの日が来たなという感じです。これまで僕らが大事に大事に作り上げて育ててきたものが、今日から皆さんの手に渡る。ここから長い間、皆さんに愛し続けていただければと思います」と感慨深げに語る。永野も「この日が来るのを心待ちにしていたので、皆さんとこうして初日を迎えられてうれしいです」と続けた。

「超イケメンの親友・砂川誠役を演じました坂口健太郎さんです」と坂口が紹介されると、周囲からは「よっ、超イケメン!」との野次が飛ぶ。坂口はこれに苦笑いしながら「すごく愛のある作品を皆さんの前でご覧してもらって。ご覧してもらった……、ご覧していただいた?」とたどたどしく挨拶。

続いて作品にちなみ、それぞれの「胸キュンな出来事」について問われたキャスト陣。鈴木は「主題歌が槇原敬之さんの『No.1』に決まって改めて聴いてみたら、歌詞が作品にマッチしていて、胸キュンというか『胸ギューン』しました」と回答する。続けて永野が「事務所の男性スタッフさんに、誕生日プレゼントをもらってキュンとしました」と一言。「何をもらったの?」との鈴木の質問に「コップの縁にかける長渕剛さんのフィギュアです。私、長渕さんが大好きで」と永野が答えると、「長渕さんのファンっていうほうにびっくりしたよ」と登壇者たちを驚かせた。

またこれまでに行われた本作のイベントでは、鈴木が体重を30kg増やして撮影に挑んだことにちなみ、同重量のマカロンタワーやたこ焼きタワーがサプライズで登場してきた。ハロウィンの本日は、猛男をイメージした重さ30kgの「猛男カボチャ」が壇上に。これを見た鈴木は「これが自分の体に入ってたんだと思うと、ちょっとドキッとします。今思うと当時はすっごい(体型が)違ったんでしょうね」と振り返った。

最後に観客へのメッセージを求められた鈴木は「映画の中で、猛男は大和からの気持ちに初めて気づいたときに、『俺でいいのか』と言うんです。僕もこのお話をいただいたとき、まったく同じ気持ちになりました」と語り始める。「猛男はおっさんにみえますが、15歳という設定なので僕にできるのか。若くもないし絶世の美男子というわけでもない僕が主役をやって、お客さんが観に来てくれるのか。不安だったんですけど、その分猛男を演じる上でやれることはすべてやったつもりです。だから今日ここにこれだけの方が集まってくれて本当にうれしいです」と、思いを込めて話していた。

なおコミックナタリーでは「俺物語!!」映画公開のタイミングに合わせ、アルコへのインタビューを公開中。河原との分業体制の裏側や、そこから生まれた化学反応、猛男をはじめとしたメインキャラクターについて語ってもらっているので、こちらもチェックしてほしい。

(c)アルコ・河原和音/集英社 (c)2015映画「俺物語!!」製作委員会

コミックナタリーをフォロー