コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「先輩と彼女」公開!志尊、芳根、梨里杏の距離感は「設定に自然と近かった」

386

左より戸塚純貴、小島梨里杏、志尊淳、芳根京子、水谷果穂、池田千尋監督。

左より戸塚純貴、小島梨里杏、志尊淳、芳根京子、水谷果穂、池田千尋監督。

南波あつこ原作による映画「先輩と彼女」が本日10月17日に封切られ、東京・新宿バルト9にて行われた初日舞台挨拶に美野原圭吾役の志尊淳、都築りか役の芳根京子、沖田葵役の小島梨里杏、矢田哲雄役の戸塚純貴、桃谷木綿子役の水谷果穂、池田千尋監督が登壇した。

「先輩と彼女」は高校1年生の都築りかと、彼女が恋したみの先輩を中心とした青春ラブストーリー。志尊、芳根、小島の役柄は三角関係になるが、小島によれば「『(烈車戦隊)トッキュウジャー』でずっと一緒に(志尊と)やらせていただいてたので、もともと私たちは仲が良くて。そこに芳根ちゃんが新しく入ってくる感じが、映画の設定に自然とハマっていました」という。これに志尊も「年齢も設定と一緒なんですよ。(小島が志尊の)1個上で、(芳根が)2個下。それが入り込みやすかったですね」と共鳴していた。

恋のライバルとなる芳根、小島は、撮影現場でもどことなく距離をとっていた様子。小島は「お互い近づかないようにしていたというか。本当は話しかけたかったけど話しかけられなかったんだよね、と打ち上げで話して号泣したよね」と裏話を明かした。そんな2人を志尊は、「打ち上げのときには2人でニッコニコしながら僕の前にやってきて、『みの先輩はもうどうでもいいから!』って言うんです」と笑う。

続いて、MCが「『先輩と彼女』の登場キャラクターに恋するとしたら誰ですか?」と質問。芳根が「陽気なてっちゃん先輩(戸塚が演じた矢田哲雄)がツボでして、撮影中はずっと笑ってたんです。ほんとに面白いんですよ!」と回答すると小島も同意し、戸塚の演技を称える。

イベントの終盤では、来場者に向かって志尊“エア顎クイ”を披露する流れに。志尊が前に出ようとすると、なぜか戸塚も前に出ており、戸塚がまず実践してみせる。「黙ってないでなんか言えよ」と劇中のセリフをしっかり再現するが、最後に変顔を織り交ぜ、客席は爆笑。続いて志尊が「黙ってないでなんか言えよ。……好きだよ」というセリフとともにエア顎クイをすると、会場が大歓声と拍手に包まれる。志尊に「めっちゃ納得いかないって顔してます(笑)」と指摘された戸塚は、「『キャーッ』て言ってましたね! (顎クイを)されてませんからね、実際には!」と来場者に向けてツッコミを入れ、爆笑を呼んでいた。

最後に志尊が「高校生のときに戻れる、等身大の甘酸っぱい青春ラブストーリーができたなと思います。原作者の南波先生にも『こんなに原作に忠実にやってくれると思わなかった』とコメントをいただいて、とてもうれしく思いました」と挨拶し、イベントは幕を閉じた。

(C)「先輩と彼女」製作委員会

コミックナタリーをフォロー