コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

やまじえびねの未単行本化作品を集めた最新短編集「ナイト・ワーカー」

61

やまじえびねの「ナイト・ワーカー」が、本日4月25日にKADOKAWAから発売された。月刊コミックビーム(KADOKAWA)にて新連載「レッド・シンブル」がスタートしたことを記念した作品集で、未単行本化作品2編が収められている。

表題作の「ナイト・ワーカー」は、2010年にフィール・ヤング(祥伝社)で発表された読み切り。会員制のバーで夜の仕事をする女性が、逃れられない過去の記憶と対峙する。同時収録の「微熱のように」は3話完結の短編。奔放でミステリアスな友人と付き合う中で、純粋な少女が闇にまみれていく様子を描く。

コミックナタリーをフォロー