コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ミュージカル「DEATH NOTE」明日開幕!「歌い手はパッションが必要」

720

L(エル)役の小池徹平。

L(エル)役の小池徹平。

大場つぐみ小畑健原作による「デスノート THE MUSICAL」の公開稽古と囲み取材が、本日4月5日に東京・日生劇場にて行われた。

囲み取材にはダブルキャストで夜神月役を務める浦井健治と柿澤勇人、L役の小池徹平が登場。初日を明日に控え、小池は「劇場に入り、こんな感じなんだなっていう自覚が出ていて、いよいよここからスタートということで気合が入ってます」と意気込みを見せる。

「ジキル&ハイド」など、世界中でミュージカルのヒット作を生み出すフランク・ワイルドホーンが音楽を手がける本作。浦井は「ワイルドホーンさんが1曲1曲、『DEATH NOTE』を愛して作ってくださった。リュークやレムまで歌うのはミュージカルならではだと思います」と、映画やアニメとは違う見どころを語った。また「ワイルドホーンさんの楽曲は最後にロングトーンで伸ばしたり、聞いているのは気持ちいいんですが、歌い手は体力やパッションが必要。歌いこなせれば心にダイレクトに響く曲」と楽曲の魅力を伝える。

さらに本作で演出を手がけるのは、紫綬褒章を受章した栗山民也。小池は「栗山さんはビジョンがはっきりされているので、僕らも迷いがなく演じられる。この世界に入りやすくしてくださっているので、非常に助けられました」と話すと、浦井は「柿澤くんと僕、W月として栗山さんがいろんなダメ出しをしてくれているんですが、それぞれの月を作ってくれと言われている」と続ける。「原作のイメージも大事だと思いますけど、今起きていることを人間として感じられる役作りをしているので、全然違う月が出来上がっている。それに対する徹平くんのLがまた全然違う動きをしたりとお芝居が変わっているので、2度美味しいところが出ているのでは」と、Wキャストならではの演出に自信を見せた。

「どちらの月がやりやすいか」という質問に対し、小池は「その質問、怖くないですか?どっちか選べないでしょ(笑)」と狼狽する。「もちろん同じ台本で同じ芝居とは言ってもやる人が違うと、微妙な間とか表情が2人とも違っていたりするので、対決する側としては飽きないですし、どうくるんだろうなっていう楽しみが2倍あります」とコメント。柿澤は「徹平とは2年前に親友役として共演したので、大体こいつのことはわかってる。ウエンツくんよりも(笑)」と仲の良さをアピールした。

「デスノート THE MUSICAL」は、明日4月6日から29日にかけて東京・日生劇場にて上演。なお5月には大阪と名古屋公演も予定されているほか、6月から8月には異なるキャストで韓国でも公演を行う。

※4/6追記:公開稽古の写真を8枚追加しました。

「デスノート THE MUSICAL」

東京公演

期間:2015年4月6日(月)~4月29日(水・祝)
会場:日生劇場

大阪公演

期間:2015年5月15日(金)~17日(日)
会場:梅田芸術劇場メインホール

名古屋公演

期間:2015年5月23日(土)~24日(日)
会場:愛知芸術劇場 大ホール

韓国キャスト公演

期間:2015年6月~8月
劇場:城南アートセンター オペラハウス

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー