コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ヘタリア、アゲ太郎、カラダ探しなど、ジャンプ+連載の8作が単行本に

222

雑誌アプリ・少年ジャンプ+に連載されている8タイトルの単行本が、本日2月4日に一挙に発売された。少年ジャンプ+連載作の単行本が刊行されるのはこれが初めて。

ラインナップは日丸屋秀和「ヘタリアWorld☆Stars」、イーピャオ原案による小山ゆうじろう「とんかつDJアゲ太郎」、ウェルザード原作による村瀬克俊「カラダ探し」、叶恭弘「KISS×DEATH」、高山としのり「i・ショウジョ+」、土田健太「マイアニマル」のそれぞれ1巻と、天野明「エルドライブ【elDLIVE】」(eはeにマクロンが正式表記)、松橋犬輔「神様、キサマを殺したい。」の各3巻。少年ジャンプ+の特設ページでは、各単行本の表紙イラストを使用した壁紙を配信している。

なお「エルドライブ【elDLIVE】」は発売中の週刊少年ジャンプ10号(集英社)、「カラダ探し」は2月9日発売の11号、「とんかつDJアゲ太郎」は2月16日発売の12号にそれぞれ読み切りとして登場。また本日2月4日に発売されたジャンプスクエア3月号(集英社)には、「ヘタリアWorld☆Stars」の出張版が収められている。

コミックナタリーをフォロー