コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

第18回メディア芸術祭マンガ部門大賞は近藤ようこ「五色の舟」

381

第18回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が、本日11月28日に発表された。マンガ部門の大賞に選ばれたのは、津原泰水原作による近藤ようこ「五色の舟」。

このほかマンガ部門の優秀賞は、島本和彦「アオイホノオ」、李昆武とフィリップ・オティエによる「チャイニーズ・ライフ」、沙村広明「春風のスネグラチカ」、山上たつひこ原作によるいがらしみきお「羊の木」が受賞。また新人賞にはルネッサンス吉田「愛を喰らえ!!」、阿部共実「ちーちゃんはちょっと足りない」、池辺葵「どぶがわ」が輝いた。

文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の振興を目的とした祭典。マンガ部門のほか、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門の4部門で優れた芸術作品を表彰するとともに、国内外の作品を広く紹介する。なお昨年発表された第17回のマンガ部門大賞には、荒木飛呂彦の「ジョジョリオン」が選ばれていた。

近藤ようこ受賞コメント

賞に無縁な者でしたので大変驚いています。しかも大賞というのは青天の霹靂でした。
デビューして36年目になります。マンガ家としての自分の立ち位置も定まったと思い、先のことはわからないけれど、できるところまではいってみようと考えていたところでした。
ありがとうございます。
「五色の舟」を描くにあたっては、小説とマンガの表現の違いをはじめ、多くのことを学び直しました。いつまでも勉強ができるのはうれしいことです。
原作の使用を許可してくださった津原泰水さんと、この難しい題材で連載させていただいた「コミックビーム」に感謝いたします。

コミックナタリーをフォロー