コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

伝説の黒板マンガ「SLAM DUNK 10 DAYS AFTER」が書籍化

2005年に神奈川県旧三崎高校で行われたイベント「スラムダンク1億冊ありがとうファイナル」で公開された黒板マンガ「SLAM DUNK 10 DAYS AFTER」が、年内に書籍化されると井上雄彦の公式サイトで発表された。

2005年12月3日から5日まで、「SLAM DUNK」1億冊突破の感謝企画として、廃校となった三崎高校校舎で無料開催された「SLAM DUNK 10 DAYS AFTER」。井上が教室にある23枚の黒板にチョークを使用しマンガを描いたもので、惜しまれつつ終了した「SLAM DUNK」の“その後”が描かれたために大きな話題を集めた。

書籍は現在はまだ製作途中の段階にあり、詳細は今後随時発表されていくとのこと。イベント開催後に発売された「黒板カード」は品切れとなっており、黒板マンガの姿を見ることは難しくなっていたため、見逃したファンにとってはうれしい刊行となりそうだ。

コミックナタリーをフォロー