実写版パトレイバーに冨永みーな&古川登志夫が声で出演

874

「機動警察パトレイバー」の実写化プロジェクト「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の第3章が、7月12日より新宿ピカデリーほかにて公開される。本作に、アニメシリーズで泉野明役を務めた冨永みーなと、篠原遊馬役を務めた古川登志夫が声で出演することが明らかになった。

アフレコ風景。左から古川登志夫、押井守監督、冨永みーな。 (c)2014 「THE NEXT GENERATION –PATLABOR-」製作委員会

アフレコ風景。左から古川登志夫、押井守監督、冨永みーな。 (c)2014 「THE NEXT GENERATION –PATLABOR-」製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

コンビニを舞台にテロリストと特車二課が戦う「野良犬たちの午後」と、熱海を舞台に巨大な海棲生物の謎を描く「大怪獣現わる 前編」の2エピソードから成る第3章。冨永と古川は「大怪獣現わる」にて、ラジオパーソナリティ役として登場する。約1分間にわたって披露されるという、ふたりのとぼけた掛け合いに期待したい。

古川登志夫コメント

「大怪獣現わる」への声の出演の感想

アニメの実写化には、世界観や整合性の保持など、様々な制約があり容易ではない筈。しかし押井マジックは楽々クリア。アニメファンも納得の実写版。エピソード5への、み~なちゃんとの声の出演、嬉しかったです。

実写版「パトレイバー」への応援コメント

アニメ版「機動警察パトレイバー」は、劇場版は元より、OVAもテレビシリーズも、既に本編の劇映画を思わせる作り、と感じていました。その意味で実写化は正に必然であり、幅広い世代に支持されることでしょう。

冨永みーな

「大怪獣現わる」への声の出演の感想

収録日当日。何年ぶりか数えるのも怖い位の押井監督との再会。監督がボソッと「よかった。あんまりオバさんになってなくて」と(笑)収録前の私の気をあげて下さいました。そして古川さんとのかけ合いで一気にタイムスリップしました。

実写版「パトレイバー」への応援コメント

私にとって特別な作品、特別な役、特別な現場だったアニメ機動警察パトレイバー。時は流れ、遂に実写に。
ウワサは小耳に挟んでましたがまさか本当に実写になってしまうとは凄すぎです。そして千葉繁さんズルすぎです(笑)。

■「THE NEXT GENERATION パトレイバー」第3章 予告

この記事の画像(全2件)

ゆうきまさみのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 ゆうきまさみ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。