コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

マンガ家が修羅場体験を語るリレー連載、第1回は青池保子

94

本日5月16日に発売されたプリンセスGOLD6月号(秋田書店)にて、マンガ家が昔話を語るリレー連載「修羅場体験ウラ話!!」がスタートした。

少女マンガの歴史を作ったマンガ家たちが、自らの体験した“修羅場”について語るこの連載。第1回目では青池保子が、週刊少女フレンド(講談社)などで活躍していた時代の苦労を描いている。第2回には木原敏江が登場する予定だ。

そのほか今号のプリンセスGOLDには、吉川うたたが松尾芭蕉を描く「鳥啼き魚の目は泪~おくのほそみち秘録~」が巻頭カラーで掲載されている。

※記事初出時、記載に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

コミックナタリーをフォロー