コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

星野泰視がビッコミ増刊に登場、南極を舞台に医師描く

79

よこみぞ邦彦原作、星野泰視作画による読み切り「白魔殿の医師」が、本日2月17日に発売されたビッグコミック3月増刊号(小学館)にて発表された。星野がビッグコミックに登場するのはこれが初めて。

「白魔殿の医師」は南極観測隊の豪胆な隊長に連れられ、調査船に乗ることになった若き研修医の物語。過酷な自然の中、人の命を救おうとする医師の冒険が描かれる。

また5月17日に発売されるビッグコミック6月増刊号では、「真夜中のこじか」の北原雅紀とあおきてつおのタッグによる新連載「ショパンの事件譜」が始動する。

コミックナタリーをフォロー