コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

丸尾末広の新作長編がビームで開幕、「芋虫」の付録も

361

丸尾末広の新連載「トミノの地獄」が、本日2月12日発売の月刊コミックビーム3月号(エンターブレイン)にてスタートした。

「トミノの地獄」は見世物小屋に売り飛ばされた双子の少年少女が主人公。赤ん坊の頃に親に捨てられ、親戚のもとで過酷ないじめを受けて育った少年少女の運命を描くオリジナル長編だ。この新連載を記念し今号には、丸尾が手がけた「芋虫」の書影を象ったストラップが封入されている。

このほか「オールド・ボーイ」の土屋ガロンが原作を、和泉晴紀が作画を務める「ワルキューレ」も今号より開幕。ある陰謀に巻き込まれ、映画の主演俳優に仕立てあげられた冴えない青年の顛末を描く。

コミックナタリーをフォロー