無人化した地球が舞台の日常SF「三番目の月」1巻、特典も

67

文尾文の「三番目の月」1巻が10月25日に発売されることを記念して、一部書店では購入者にペーパー特典の配布が行われる。

「三番目の月」1巻

「三番目の月」1巻

大きなサイズで見る(全7件)

対象の書店はアニメイト、COMIC ZIN、コミックとらのあな、エンジョイスペースギルド、月刊コミックガム(ワニブックス)の特約店。絵柄はそれぞれで異なる描き下ろしだ。在庫の有無など、詳しい配布状況は店舗ごとに確認しよう。

「三番目の月」は3千光年離れた星からやってきた調査隊が、無人の星と化した地球を調査する物語。地球に残された文明や生態系にふれつつ、特に大きな進展のない彼らの日常がゆるやかに描かれる。なお文尾は、じん(自然の敵P)が制作した楽曲「日本橋高架下R計画」のアニメーションPVにおいてキャラクターデザインを手がけており、「三番目の月」1巻の帯には、じん(自然の敵P)が推薦コメントを寄せている。

この記事の画像(全7件)

文尾文のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 文尾文 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。