ステージナタリー

「表に出ろいっ!」大竹しのぶ、阿部サダヲ、野田秀樹が日本語吹き替えで共演

408

「表に出ろいっ!」の日本語吹き替えキャストとして、大竹しのぶ阿部サダヲの参加が発表された。

2010年に故・中村勘三郎と野田秀樹が初共演した「表に出ろいっ!」。同作をベースに、ロンドンでワークショップを重ね、ウィル・シャープの脚本により創作された「One Green Bottle」は、キャサリン・ハンター、グリン・プリチャード、野田秀樹の出演により、英語上演される。東京公演では、そのイヤホンガイドの吹き替えに、大竹しのぶと阿部サダヲ、そして野田が出演することが決定。大竹はキャサリン・ハンター演じる父役を、阿部はグリン・プリチャード演じる娘役を、野田は自身が演じる母役の吹き替えを務める。

本作に向けて大竹は「キャサリンに寄り添えるよう、尚かつ、きちんと台詞が届けられるよう、精一杯頑張ります」、阿部は「舞台の吹き替えって初めてだし、しのぶさんと野田さんとの掛け合いのお芝居なんてなかなか経験出来なさそうだし、どんな感じになるんでしょうか?」と期待を寄せる。また野田は「これまでの英語劇もそうでしたが、原本(日本語版)の芝居をなぞるつもりはありません。台詞も全く変わるので、新たな面白さと出会うつもりで観に来ていただきたい」と観客に来場を呼びかけている。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

大竹しのぶコメント

久しぶりの野田秀樹さんの作品に、ワクワクしています。
そして、大好きな阿部サダヲさん、大好きな友人の勘三郎さんが演じた、大好きなキャサリン・ハンターの吹き替えなんて……。
キャー、どうしましょう!
キャサリンに寄り添えるよう、尚かつ、きちんと台詞が届けられるよう、精一杯頑張ります。

阿部サダヲコメント

舞台の吹き替えって初めてだし、しのぶさんと野田さんとの掛け合いのお芝居なんてなかなか
経験出来なさそうだし、どんな感じになるんでしょうか? 楽しみです。頑張ります!

野田秀樹コメント

今回は女性であるキャサリン・ハンターが父役を、男性であるグリン・プリチャードが娘役
を、僕が母役を演じます。これまでの英語劇もそうでしたが、原本(日本語版)の芝居をなぞるつもりはありません。台詞も全く変わるので、新たな面白さと出会うつもりで観に来ていただきたい。ボイスオーバーには大竹しのぶさんと阿部サダヲさんという贅沢なキャストが実現しました。頼んでみるもんですね(笑)。パニックに陥った人間の行動心理を、イギリス人俳優の二人がどう解釈して演じるのか。楽しみにしてください。

「表に出ろいっ! English version『One Green Bottle』」

2017年11月1日(水)~19日(日)※10月29・31日はプレビュー公演
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:野田秀樹
英語翻案:ウィル・シャープ

出演

父:キャサリン・ハンター
娘:グリン・プリチャード
母:野田秀樹

作調・演奏:田中傳左衛門

ステージナタリーをフォロー