ステージナタリー

石丸幹二&安蘭けい「スカーレット・ピンパーネル」に太田基裕、廣瀬智紀ら

1855

石丸幹二安蘭けいが主演を務める、ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」が今秋、東京・大阪にて上演される。

フランス革命後の恐怖政治が続く時代に、無実の人々を断頭台から救おうと立ち上がったイギリス貴族・パーシー(石丸幹二)と、妻のマルグリット(安蘭けい)が、愛憎を交差させるさまを描く本作。日本ではかつて宝塚歌劇団の手により上演されたが、このたび演出のガブリエル・バリーにより、オリジナル版の音楽も手がけるフランク・ワイルドホーンの新曲も加えてブロードウェイ版ベースのニューバージョンとして上演される。

すでに発表されている石丸、安蘭、石井一孝、LE VELVETSの佐藤隆紀に加え、このたび新たに平方元基矢崎広、上口耕平、太田基裕廣瀬智紀らの出演が発表された。上演に際しガブリエルは、「私の描く『スカーレット・ピンパーネル』は、きっと、日本のお客様を驚かせることになるでしょう!ご期待下さい!」と意気込みを語っている。

ガブリエル・バリー コメント

既に日本で上演された宝塚歌劇版が馴染み深いでしょうが、 今回はブロードウェイ版をベースに、脚本の変更、異なるアプローチを加えます。フランス革命の描写はよりリアルに過激になると同時に、パーシー、マルグリット、ショーヴランの三角関係を、ドラマチックな大人の恋愛模様を中心に描きます。もちろん、冒険、ロマンス、笑劇の要素はそれぞれ掘り下げていきます。更にこの新バージョンの為に、フランク・ワイルドホーンが新曲を書き下ろします。

宝塚歌劇版で歌われ日本でも大変人気の高い「A Peace Of Courage」(宝塚歌劇版タイトル「ひとかけらの勇気」)は、本来ブロードウェイ版にはないものですが、この新バージョンでも非常に大きな意味を持つ一曲として登場します。私の描く『スカーレット・ピンパーネル』は、きっと、日本のお客様を驚かせることになるでしょう!ご期待下さい!

ミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」

2016年10月19日(水)~26日(水)
東京都 赤坂ACTシアター

2016年10月30日(日)~11月7日(月)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2016年11月24日(木)~29日(火) ※東京凱旋
東京都 東京国際フォーラム・ホールC

演出:ガブリエル・バリー
音楽:フランク・ワイルドホーン

キャスト

パーシー・ブレイクニー:石丸幹二
マルグリット・サン・ジュスト:安蘭けい
ショーヴラン:石井一孝

ロベスピエール:平方元基 / 佐藤隆紀(LE VELVETS)※Wキャスト

アルマン・サン・ジュスト:矢崎広
デュハースト:上口耕平

ベン:相葉裕樹
ファーレイ:植原卓也
エルトン:太田基裕
オジー:駒木根隆介
ハル:廣瀬智紀
マリー・グロショルツ:則松亜海

ほか

ステージナタリーをフォロー