音楽ナタリー

ももクロ、Ozzfestで白熱ライブ「私たちがアイドルだ!」

4039

本日5月11日から明日12日にかけて、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催されているロックフェスティバル「Ozzfest Japan 2013」にももいろクローバーZが出演。約30分にわたり熱いパフォーマンスを繰り広げた。

今回が日本初開催となる、オジー・オズボーンおよびその妻シャロン・オズボーンがオーガナイズする「Ozzfest Japan 2013」。本日11日はSLIPKNOTをヘッドライナーに迎え、スラッシュやDEFTONES、THE TREATMENTといった海外勢や、マキシマム ザ ホルモン、MAN WITH A MISSION、GALNERYUS、NAMBA69(難波章浩)、Fear, and Loathing in Las Vegas、CROSSFAITHなどの国内ロックアーティストがパワフルなライブを展開した。

DEFTONESの強烈なステージが終わると、ライブエリアにはももクロTシャツを着用したモノノフたちだけでなく、彼女たちのパフォーマンスを一目見ようと大勢のロックファンが詰めかけた。そしてライブのオープニングを飾る「OVERTURE」が大音量で流れ始め、会場中に大歓声が鳴り響く中、アイドル然としたかわいらしい衣装を身にまとったももクロの5人がステージに登場。「OVERTURE」が終了すると、百田夏菜子は観客の声援を浴びてひと呼吸置いてから「今、目の前にいる私たちがアイドルだ! 今、目の前にいる私たちが週末ヒロイン ももいろクローバーZだ!」と叫び、「ピンキージョーンズ」からライブをスタートさせた。5人は会場の雰囲気に飲まれることなく、いつも通り元気いっぱいのステージを展開。続く「行くぜっ!怪盗少女」でもキレのあるダンスと力強い歌声で、大勢の観客を魅了した。そんな彼女たちのパフォーマンスに対し観客の盛り上がりはさらに熱を帯びていき、客席前方にはクラウドサーフをする観客の姿も見受けられた。

2曲歌い終えると、5人は「皆さーん、こんにちは!」と挨拶してから深々とお辞儀をする。そして百田が「さあ、これからこの会場に一番似合わない自己紹介をしたいと思います」と言うと、高城れに、佐々木彩夏、玉井詩織、有安杏果、百田の順番で恒例の自己紹介を始めた。彼女たちの自己紹介で会場の空気が和んだところで、玉井がいきなり「いいかお前ら、高城の気合いを見ろ!」と観客を煽る。すると横にいた高城が500ml缶のコーラを一気飲みして、高城ならではの表現方法でこのステージに対する気合いの入れ方をアピールした。

コーラを飲みきると客席からは大歓声が沸き起こり、「黒い週末」からライブは再開。ここでは同曲のスタジオ音源でギターを弾いた和嶋慎治(人間椅子)と、同曲の作曲・編曲を手がけたNARASAKIがギタリストとしてゲスト参加し、ももクロのステージに華を添えた。和嶋とNARASAKIはそのまま「労働讃歌」「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」でも華麗なギタープレイを披露。ももクロの5人も歌い踊りながら和嶋とNARASAKIに絡むなどして、Ozzfestという特別な空間を楽しんだ。

5曲歌い終えると、百田は「皆さん、楽しんでいただけましたか?」と観客に問いかけつつ、和嶋とNARASAKI、そしてライブを観てくれた観客に対して感謝の言葉を述べた。そして「私たちが今会えるアイドル、週末ヒロインももいろクローバー」の合図に続いて、ステージ上と客席が一丸となって「Z!」と叫び、約30分にわたるももクロのステージは終了した。ナタリーでは後日、フェス全体のレポートを掲載予定。

なおナタリーではライブ終了後、ももクロの5人にインタビューを実施し、ライブの感想を聞いた。

ももいろクローバーZ コメント

──終わってみて、まず感想を聞かせてください。

百田夏菜子 すごい会場が熱かったです。

高城れに 熱の固まりでした!

──アウェイとも言われていましたが、かなり大きな声援が聞こえたと思います。

全員 いやいやいやいや。

百田 今日はいつもの私たちでいくということを重視してやりました。あえてアイドルっぽく、「これがアイドルだ!」というのを見せたかったです。

佐々木彩夏 今までだったら、メタルだったら顔にペイントしてみたりもしたんですけど、今日は衣装もかわいいほうを選りすぐりで。

百田 今日は、私たち自体が新しい方向の戦闘態勢だったんですよ。

高城れに 素のまんまの、ももいろクローバーZを見せたいなと。そしてNARASAKIさん、ワジーさん(和嶋慎治)のギターがホントに心強かった。

──百田さんがいつも出さないおでこを出した理由は?

百田 これは気合い入れです!

佐々木 という名の?

百田 前髪切り過ぎました(笑)。

──え?(笑)

百田 いえ、気合いです!(笑)

──お客さんはどんな感じでしたか?

佐々木 私たちのステージの前はモノノフさんたちがタオルを持ってくれたりしてたんですけど、PURPLE STAGE側は最初は「なんか始まったな」ぐらいな感じで。でも最後には、Zのコールを一緒にやってくれた人もいるし、結構前のめりになって覗き込んでくれていた人もいてうれしかったです。

玉井詩織 後ろの後ろの後ろのほうまで手が上がってたのがめっちゃわかりました。

有安杏果 最初のほうにやった「Z!」と最後の「Z!」の違いがわかって。すごく楽しかったです。

百田 なんかすごい一体感になったなって。最初はちょっとみんな「なんか来たな」ぐらいな感じだったんですけど、やっぱ最後の「Z!」は私たちから観ててもたくさんの方がやってくださったので。

有安 私たちもすごい勢いで攻めたし、モノノフさんたちもそれに付いていく感じでぐわーって応援してくれたから、モノノフさんたちと私たちで、私たちを知らない人たちにアピールできたと思います!

ももいろクローバーZ「Ozzfest Japan 2013」セットリスト

00. OVERTURE
01. ピンキージョーンズ
02. 行くぜっ!怪盗少女
03. 黒い週末
04. 労働讃歌
05. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】