音楽ナタリー

天月-あまつき-“1000本のろうそく”吹き消した誕生日ライブ

14120

天月-あまつき-(Photo by Tatsuya Kawasaki)

天月-あまつき-(Photo by Tatsuya Kawasaki)

天月-あまつき-が、6月30日に神奈川・大さん橋ホールで全国ツアー「天月-あまつき-のやりたい放題TOUR2017」の初日公演を実施した。

定刻を迎え、巨大なケーキを模したステージに姿を現した天月-あまつき-は、自身の代表曲の1つ「ホシアイ」を情感豊かに歌い、オーディエンスを魅了。彼の誕生日である6月30日に行われたこの日のライブは“Birthday Special”と銘打たれており、MCで天月-あまつき-が「今日はすてきな夜にしましょう」と呼びかけると客席からは盛大な「おめでとう」の声が上がった。この日のセットリストを準備するためにファンからリクエストを募っていた彼は「ミカヅキリサイズ」といったライブの定番曲や、7月19日にリリースするシングルの表題曲「Mr.fake」など多彩な楽曲を披露し、ファンを楽しませた。

ライブ中盤にはmelostとして天月-あまつき-とユニット活動を共にしているはしやんが登場。2人はハチのボカロ曲「パンダヒーロー」で声を合わせ、ファンを熱狂させる。もう1人のゲスト・佐香智久は、天月-あまつき-とのツーマンツアー「天月智久つーまんらいぶ『あまとも、二人でやるってよ。』~月と太陽編~」の衣装を持参して登場し、色違いのジャケットに袖を通した2人は「フタリボシ」で会場内に心地よいハーモニーを響かせた。さらにはしやんと佐香の2人から誕生日ケーキが贈呈されるワンシーンも。消防法の関係で本物のろうそくが持ち込めないことを天月-あまつき-が残念がると、はしやんは客席で赤く光るペンライトをろうそくに見立てることを提案。天月-あまつき-が客席に灯る“約1000本のろうそく”に向けて息を吹きかけると赤い光が次々と消えていき、会場内は祝福ムードに包まれた。

ライブの終盤ではサプライズとして天月-あまつき-の両親からの手紙が読み上げられた。手紙の中で天月-あまつき-に向けて「皆さまに聴いていただけ、言葉を汲んでくださるお陰で小さい頃のあの笑顔が戻りました。やりたいことを見つけ少しでも納得できるものを届けたいとがんばっているあなたを見てると胸が熱くなります」というメッセージが贈られると、彼の目には涙が浮かぶ。天月-あまつき-は「僕はとてもすてきな両親に育ててもらいました。今日という日を迎えられて、本当に本当に幸せです。生んでくれてありがとう」と涙ながらに感謝の言葉を口にした。

ライブを再開させるに当たって、彼は「もっとみんなを引っ張っていきたい。引っ張るだけじゃなくて、一緒に歩いていけるような存在でいたい」と自身の思いを打ち明け、シングル曲「DiVE!!」を熱唱。歌唱中、天月-あまつき-が「共に行こう」と呼びかけると客席からは盛大な歓声が上がり、一体感のあるパフォーマンスが繰り広げられた。

アンコールで天月-あまつき-は「音楽をやって世界が変わりました。ずっと笑って楽しくやっていきたいです」と語り、ラストナンバー「Hello, My story」を歌い始める。彼は最後に笑顔で会場中を見渡し「ありがとうございました」と観客に感謝の気持ちを述べ、バースデーライブをフィナーレに導いた。

天月-あまつき-「天月-あまつき-のやりたい放題TOUR2017」※終了分は割愛

2017年8月8日(火)北海道 金森ホール
2017年8月10日(木)北海道 小樽GOLDSTONE
2017年8月12日(土)宮城県 電力ホール
2017年8月13日(日)栃木県 宇都宮市文化会館
2017年8月15日(火)石川県 金沢EIGHT HALL
2017年8月17日(木)岡山県 ルネスホール
2017年8月19日(土)愛媛県 WStudioRED
2017年8月21日(月)福岡県 スカラエスパシオ
2017年8月23日(水)東京都 西新井文化ホール

音楽ナタリーをフォロー