音楽ナタリー

東名阪で豪華共演![Alexandros]冠番組ライブ新木場で終宴

4128

「Welcome![Alexandros]LIVE 2016」東京公演の様子。(Photo by AZUSA TAKADA)

「Welcome![Alexandros]LIVE 2016」東京公演の様子。(Photo by AZUSA TAKADA)

3月10日に東京・新木場STUDIO COASTにて、スペースシャワーTV「Welcome![Alexandros]」が企画するライブイベント「Welcome![Alexandros]LIVE 2016」東京公演が開催された。

「Welcome![Alexandros]」は毎回ゲストアーティストを招き、セッションを行う[Alexandros]の冠番組。3度目の開催となる今回の「Welcome![Alexandros]LIVE」は大阪、愛知、東京の3カ所で実施された。ゲストは各公演で異なり、大阪公演には高橋優が、愛知公演には大木伸夫(ACIDMAN)が、東京公演には菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)が参加。内澤崇仁(androp)と金廣真悟(グッドモーニングアメリカ)はすべての公演に登場した。

SEの「Burger Queen」が場内に流れ、ステージ前の紗幕が振り落とされると[Alexandros]メンバーがステージに登場。彼らは楽器を手にすると「Burger Queen」を演奏し始め、イベントの幕開けを告げる。川上洋平(Vo, G)が拳を高く掲げたのを合図に4人は「Boo!」でライブを開始。彼らが繰り出すガレージテイストのサウンドに、フロアは瞬く間に沸騰した。

この日最初のゲストは金廣。彼を迎えた[Alexandros]はStereophonics「The Bartender and the Thief」のカバーと、[Alexandros]「Kids」を披露してオーディエンスを沸かせる。リハーサルスタジオでよく顔を合わせるものの、競演経験は専らロックフェスだという[Alexandros]とグッドモーニングアメリカ。金廣は「今度僕らのイベントに([Alexandros]を)呼びます!」と意気込み、川上も「ぜひ!」と笑顔を見せた。

[Alexandros]は白井眞輝(G)による流麗なギターフレーズが特徴の「ワタリドリ」、庄村聡泰(Dr)の怒涛のドラミングが光る「Famous Day」、磯部寛之(B, Cho)がリズミカルにベースを鳴らしながら「新木場ァ!」と咆哮した「Starrrrrrr」といった人気曲を連発したあと、この日2人目のゲスト内澤を招き入れ「Run Away」を披露。楽曲が終わると、川上と内澤以外のメンバーが一度退場し、残った2人は椅子に座ってにこやかに話し始める。川上は内澤が弾く「Run Away」のギターを気に入り、今回ボーカルだけではなく演奏も担当してもらうことになったという経緯を明かしたあと、内澤の伴奏で「Shout」を歌唱。会場には川上と内澤の美しい歌声が響き渡った。再びメンバーがステージにそろったところで、内澤は[Alexandros]メンバーと熱い握手を交わし、ステージを下りた。

MCで川上は「ウェルアレって一緒にバンドをやってる感じがして、ゲストとの仲間意識が強くなるんですよ」と語り、磯部も「合宿みたいな感じだったね」と3公演を振り返る。そしてシングル「Kill Me If You Can」のカップリングナンバーで、あまりライブでは演奏されることのない「Waterdrop」、フロントの3人がステージ前方に歩み出て観客を煽った「Kick&Spin」などを4人で披露。そしてこの日最後のゲスト菅原を呼びこむと、9mm Parabellum Bulletのキラーアンセム「Discommunication」で壮絶な演奏を見せつけ、会場を爆発的な盛り上がりへと導いた。さらに彼らは9mm Parabellum Bullet「Black Market Blues」をワンコーラスだけ披露し、観客を沸かせた。「For Freedom」では曲中で菅原が「まだ行けるっしょ! 行けるか?」とフロアを煽る一幕も。2曲を歌い終えた菅原は川上とがっしりとハグを交わし、足早に舞台を去った。

今回の「Welcome![Alexandros]LIVE 2016」では、観客の中から楽器を演奏できる人をステージに上げ、セッションの楽しさを知ってもらうべくメンバーの愛器で演奏させるという試みも。大阪と愛知ではベースとドラムのみだったが、東京公演ではボーカル以外の全パートおよびキーボードも募集し、川上は[Alexandros]に代わる5人の観客による演奏で「ワタリドリ」を歌唱した。川上は彼らに「最高!」とエールを送り、フロアからは大きな拍手が巻き起こる。そんな中、金廣、内澤、菅原がローディー役としてステージに現れると、会場は笑いに包まれた。

その後彼らは4月20日にリリースするニューシングル「NEW WALL / I want u to love me」より、深夜ドラマ「女くどき飯 Season2」の主題歌としてオンエア中の「I want u to love me」でラストスパートをかける。さらに「女くどき飯」第1期の主題歌「Dracula La」、熱量の高い演奏にフロアが大熱狂した「Waitress, Waitress!」とたたみかけ、本編を終了させた。

アンコールで[Alexandros]は新曲の「NEW WALL」、ゲストの面々も再びステージに登場し、大合唱を巻き起こした「Adventure」の2曲を披露。すべての演目が終わると、川上は「愛してるぜ! 新木場!」と来場者にメッセージを送った。なおこの日のライブの模様はスペースシャワーTVにて、3月から4月にかけレギュラー番組「Welcome![Alexandros]」で最速オンエアされるほか、4月29日(金)23:00~24:00「Welcome![Alexandros] LIVE 2016 SPECIAL」でもオンエアされる。

Welcome![Alexandros]LIVE 2016
2016年3月10日 新木場STUDIO COAST セットリスト

01. Boo!
02. Girl A
03. The Bartender and the Thief(Stereophonicsカバー)
04. Kids
05. ワタリドリ
06. Famous Day
07. Starrrrrrr
08. Run Away
09. Shout(andropカバー)
10. Waterdrop
11. city
12. Kick&Spin
13. Discommunication(9mm Parabellum Bulletカバー)
14. For Freedom
15. I want u to love me
16. Dracula La
17. Waitress, Waitress!
<アンコール>
18. NEW WALL
19. Adventure

スペースシャワーTV「Welcome![Alexandros]LIVE 2016 SPECIAL」

2016年4月29日(金)23:00~24:00

音楽ナタリーをフォロー