音楽ナタリー

在日ファンク、ハマケンの靴底めくれる熱狂のツアー初日

724

浜野謙太(Vo)(撮影:高田梓)

浜野謙太(Vo)(撮影:高田梓)

在日ファンクが3月3日に東京・TSUTAYA O-EASTにて全国ツアー「メジャー2ndアルバム完成中間報告確認ツアー」の東京公演を開催した。

ツアー初日のこの日、浜野謙太(Vo)はライブ冒頭からフルスロットルのパフォーマンスを展開。華麗なスタンドマイクさばきと小刻みなステップで、オーディエンスの視線を釘付けにする。「断固すいません」では浜野が「『メジャー2ndアルバム完成中間報告確認ツアー』、こんな長い名前付けて断固すいません!」とひと言。会場の「すいません!」コールの中、後関好宏(Sax)とジェントル久保田(Tb)は情熱的なソロでフロアを盛り上げた。

MCで浜野は「今回のツアーは“グラデーションツアー”だから、昔の曲から新曲まで、いろんな曲をやりたいと思ってます」と観客に語りかける。その後バンドは初期のナンバーを盛り込んだ多彩なセットリストでファンを楽しませた。またライブ中盤にはステージの左右に設置されたスクリーンに、5月11日にリリースされるニューアルバム「レインボー」の詳細を知らせる映像が映し出される。オーディエンスの期待感を存分に煽った浜野は「3曲続けてやるぜ?」と笑みを浮かべ、バンドは「ぽいぽい」など「レインボー」に収録される新曲を立て続けにパフォーマンスした。

「むくみ」をリアレンジした「レインボー」収録曲「むくみ(アフロ)」では、バンドのタイトなセッションにフロアが沸き上がる。バンドの力強い演奏に浜野のボーカルとダンスもヒートアップし、ライブ終盤には左足の靴底が半分めくれてしまう事態に。「靴大丈夫?」というメンバーの問いかけに浜野は「大丈夫じゃないでしょ!」と笑いながら、パフォーマンス中にはそのことを気にも留めない様子でステージを駆け巡った。本編を終えると浜野は「新曲、案外ウケたね?」と満足げな表情。大きな歓声の中、今にも靴底が剥がれ落ちそうな左足を引きずりながらステージをあとにした。

在日ファンク「メジャー2ndアルバム完成中間報告確認ツアー」※終了分は割愛

2016年3月11日(金)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
2016年3月12日(土)大阪府 ユニバース
2016年3月20日(日・祝)北海道 cube garden

音楽ナタリーをフォロー