音楽ナタリー

SCHAFT、21年ぶりアルバム「ULTRA」レコ発ツアー大阪で終幕

580

写真は「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」東京・EX THEATER ROPPONGI公演の様子。(撮影:河本悠貴)

写真は「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」東京・EX THEATER ROPPONGI公演の様子。(撮影:河本悠貴)

SCHAFTのライブツアー「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」が2月6日の大阪・梅田CLUB QUATTRO公演をもって千秋楽を迎えた。

1月に発表した21年ぶりとなるアルバム「ULTRA」を携えて実施された「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」。唯一の関西公演となった梅田CLUB QUATTRO公演のチケットは即日完売し、オーディエンスの期待度の高さを伺わせた。

ライブは「ULTRA」の1曲目を飾る「The loud engine」でスタート。5人が叩き付けるヘビーで硬質なサウンドに会場が激しく揺れ、YOW-ROW(Vo)が煽るとオーディエンスは大きな歓声を上げた。また今井寿(G / BUCK-TICK)が跳ねながらギターをかき鳴らす一方で、藤井麻輝(G / minus(-)、睡蓮)はじっとフロアを見据えながらギターを奏でるなど対照的なパフォーマンスを披露。そのうしろで上田剛士(B / AA=)とyukihiro(Dr / L'Arc-en-Cielacid android)は激しいグルーヴを生み出した。

この日、5人は「ULTRA」や1994年にリリースした「SWITCHBLADE」からのナンバーに加え、新曲2曲を含む全19曲をプレイ。なおライブの模様は映像化が予定されているとのことで、続報が待たれるところだ。

SCHAFT「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」
2016年2月6日 梅田CLUB QUATTRO セットリスト

01. The loud engine
02. Vice
03. drift
04. Anti-Hedonist
05. ReVive
06. Der Zauberlehrling
07. SAKASHIMA
08. Leidenschaft
09. ARBOR VITATE
10. THIRSTY FLY
11. swan dive
12. Adam’s rib
13. 魅
<アンコール>
14. 新曲
15. 新曲
16. BROKEN ENGLISH
<ダブルアンコール>
17. THE HERO IN side
18. SLICE
19. COLD LIGHT

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】