音楽ナタリー

ドリフェス最終日にX JAPAN、林檎、aiko、時雨、キュウソ、エイト登場

4007

X JAPANのライブの様子。左よりYOSHIKI(Dr, Piano)、Toshl(Vo)。 (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2015

X JAPANのライブの様子。左よりYOSHIKI(Dr, Piano)、Toshl(Vo)。 (c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2015

テレビ朝日が主催するライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル2015」の3日目公演が、昨日11月23日に東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催。関ジャニ∞キュウソネコカミ凛として時雨aiko椎名林檎X JAPANが出演した。

最終日のトップバッターを務めたのは関ジャニ∞。Tシャツやネルシャツなど、カジュアルな服装で登場したメンバー7人はバンドセットにスタンバイして1曲目「ズッコケ男道」を披露する。力強く息の合ったロックバンドそのものの演奏に、オーディエンスは驚きつつも大いに盛り上がった。その後も彼らは「キング オブ 男!」、ストリングス隊を加えての「LIFE ~目の前の向こうへ~」などをすべてバンドスタイルで披露。錦戸亮は「今日はふざけずに、一生懸命音楽やります!」と宣言し、自身が主演するテレビ朝日系ドラマ「サムライせんせい」の主題歌である新曲「侍唄(さむらいソング)」をメンバーとともに熱唱した。後半の「High Spirits」と「勝手に仕上がれ」では、丸山隆平が華麗なスラップベースを奏でて客席から大歓声を浴びる。最後に昨年ソロで出演した渋谷すばるが「今年は7人でここに立てて、幸せに思っています」と挨拶。その思いを込めるように、昨年の渋谷のステージと同じく最後の曲として「オモイダマ」を全員で演奏した。

続くキュウソネコカミは、サウンドチェックでメンバー全員が登場し「伝統芸能」を演奏。サウンドチェックとは思えないパフォーマンスで会場を沸かせた。ライブ本番では「MEGA SHAKE IT !」「ファントムヴァイブレーション」などを次々と披露。MCではヨコタシンノスケ(Key, Vo)が「こんなデカいキャパでやったことないんですよ!」と会場の大きさに興奮した様子を見せた。後半の「DQNなりたい、40代で死にたい」ではヤマサキセイヤ(Vo, G)の煽りに応えて1万人のオーディエンスが「ヤンキー怖い!」と熱唱する。ラストナンバーの「お願いシェンロン」の途中にはヤマサキの「aiko! 昨日誕生日おめでとう!」という絶叫が響き、ダンボール細工のカブトムシのかぶりものをしたヤマサキが登場。客席が大爆笑に包まれる中、ヤマサキはメンバーの演奏に合わせてaikoの「カブトムシ」を歌い、場内をさらに盛り上げた。

凛として時雨のライブはレーザー光線が飛び交う中での「Who What Who What」でスタート。さらに「I was music」「DISCO FLIGHT」と、激しく熱いナンバーの連発で会場を制圧していく。そんな演奏から一転し、MCではピエール中野(Dr)が「急に激しいのが出てきてごめんなさいね? びっくりしたでしょ?」と語りかけて和ませる。そして「僕、X JAPAN観てドラム始めたんですよ。なので今日ここでどうしても飛びたいジャンプがある!」と叫び、観客を煽ってXジャンプを行った。場内の一体感が高まったあとも「SOSOS」「abnormalize」と強烈なサウンドをオーディエンスに浴びせていく。緩急のついた展開で観客を翻弄した「感覚UFO」を終えると、最後に「傍観」を演奏する。静謐なサウンドが徐々に熱量を増し、アウトロではTK(Vo, G)が何度もシャウト。最後にステージに残ったTKは激しくギターをかき鳴らし、観客を圧倒した。

イベント後半戦、aikoが最初に歌った曲は「カブトムシ」。曲が終わるとaikoは先程のキュウソネコカミのパフォーマンスを受け、「聴いていただきました曲は本物の『カブトムシ』でした(笑)。キュウソネコカミ、あとで本気でしばきたいと思います(笑)」と語り、双方のファンを爆笑させた。その後も「夢見る隙間」「二人」と歌い上げ、会場を幸福な空気で満たす。MCではこの日が40歳となって初のライブであることを話し、ファンから祝福の言葉を受けていた。「合図」「三国駅」でしっとりとした雰囲気に導いたあとは、恒例の「男子! 女子! そうでない人!」というコール&レスポンスへ。さらに「We Are X!」と叫んでのXジャンプまで加わり、観客は大いに盛り上がった。ラストは「ボーイフレンド」「愛の病」「あたしの向こう」といったナンバーを連発。aikoはステージ狭しと駆け回りつつ、全身でオーディエンスにその声を届けていた。

椎名林檎のライブはホーン隊のファンファーレからスタート。赤いミニドレスに王冠をかぶった椎名がステージに姿を現すと、大きな拍手が場内に響いた。椎名はバンドメンバーの圧巻の演奏をバックに、「マヤカシ優男」「真夜中は純潔」「殺し屋危機一髪」と歌い上げ、妖艶な歌声とオーラでオーディエンスを魅了する。「神様、仏様」では気だるげな声から迫力のハイトーンまで幅広いボーカルを聴かせ、「長く短い祭」では浮雲(G)がマイクを握り椎名とのデュエットで会場を盛り上げる。終盤、椎名が拡声器を握って歌い始めたのは東京事変の楽曲「群青日和」。イントロの高らかな歌声が響き渡ると、客席からは大歓声が起こる。最後に椎名は「今日はどうもありがとう! またどこかでお会いしましょう」と挨拶し、ギターを激しくかき鳴らしながら「NIPPON」を熱唱。MCなしのストイックなステージで、その世界観を存分にアピールした。

いよいよ3日間の大トリ、X JAPANの出番へ。ライブが始まる前から場内には「We Are X!」というファンのコールが響き渡る。世界各国での彼らのライブの様子を捉えた映像とオープニング曲「MIRACLE」が流れ、メンバーは順番にステージへ登場。怒号のような歓声がこだまする中、最初に「JADE」が演奏された。ステージ前方には炎が吹き上がり、PATA(G)、SUGIZO(G)が奏でるヘビーなギターとあいまって会場の熱気をさらに上昇させる。「RUSTY NAIL」に続いては、YOSHIKI(Dr, Piano)とSUGIZOのバイオリンから始まった「KURENAI」。名曲の連発に、1万人の観客は両手を上げて応えた。

中盤のMCでYOSHIKIはこの日の出演者たちの名前を挙げ、「いろんな人のファンの方が集まっていると思うんですけど、皆さんの好きな人を思いっきり応援してあげてください。僕らがここに立っているのは、何十年もファンの皆さんが応援してくれたからです。感謝しています」と涙ぐみながら話した。そんな言葉のあとに披露されたのは「FOREVER LOVE」。YOSHIKIのピアノとToshl(Vo)のボーカルのみのシンプルなアレンジで、会場を感動に導いた。最後は「BORN TO BE FREE」そして「X」を連続で披露。YOSHIKIのツーバスとHEATH(B)が刻むリズムに合わせ、オーディエンスは全力でXジャンプを繰り返した。

アンコールではToshlがX JAPANの今後について「来年の3月には20数年ぶりのニューアルバムが出るという噂を聞きました……本当に出るんでしょうか?(笑)」と冗談めかして話し、オーディエンスの笑いを誘う。そしてこのあと控えている日本国内ツアー、ワールドツアーに向け「今日が新しいX JAPANのスタートのステージだ! みんなこれからもよろしく頼むぜ!」と叫んだ。アンコールで披露されたのは「ENDLESS RAIN」。スクリーンにはHIDEやTAIJIといったメンバーも含む過去のライブ映像が映し出され、泣きながら見入るファンの姿も見受けられた。オーディエンスのシンガロングが響く中で曲が終わると、メンバー全員がセンターステージへ移動。全員で手をつないで笑顔でジャンプし、3日間にわたるイベントを締めくくった。

なお、このイベントの模様は2016年1月にCSテレ朝チャンネル1で放送されることが決定している。詳しい放送日時などは後日発表されるので、続報を楽しみにしておこう。

~5th Anniversary~ テレビ朝日ドリームフェスティバル2015
2015年11月23日 国立代々木競技場第一体育館 セットリスト

関ジャニ∞

01. ズッコケ男道
02. キング オブ 男!
03. 宇宙に行ったライオン
04. LIFE ~目の前の向こうへ~
05. 侍唄(さむらいソング)
06. High Spirits
07. 勝手に仕上がれ
08. オモイダマ

キュウソネコカミ

01. MEGA SHAKE IT !
02. ファントムヴァイブレーション
03. ビーフ or チキン
04. ハッピーポンコツ
05. DQNなりたい、40代で死にたい
06. ビビった
07. お願いシェンロン

凛として時雨

01. Who What Who What
02. I was music
03. DISICO FLIGHT
04. SOSOS
05. abnormalize
06. Telecastic fake show
07. 感覚UFO
08. 傍観

aiko

01. カブトムシ
02. 夢見る隙間
03. 二人
04. 合図
05. 三国駅
06. ボーイフレンド
07. 愛の病
08. あたしの向こう

椎名林檎

01. マヤカシ優男
02. 真夜中は純潔
03. 殺し屋危機一髪
04. 神様、仏様
05. 御祭騒ぎ
06. 長く短い祭
07. 群青日和
08. NIPPON

X JAPAN

01. MIRACLE
02. JADE
03. RUSTY NAIL
04. KURENAI
05. FOREVER LOVE
06. BORN TO BE FREE
07. X
<アンコール>
08. ENDLEES RAIN

音楽ナタリーをフォロー