音楽ナタリー

後輩PUFFYもお祝い!奥田民生、故郷に捧げた50歳初ライブ

2868

メンバーやPUFFYに誕生日を祝福される奥田民生。(撮影:山本倫子)

メンバーやPUFFYに誕生日を祝福される奥田民生。(撮影:山本倫子)

ユニコーンの奥田民生(Vo, G)の生誕50周年を祝うライブイベント「ユニコーン 奥田民生50祭 “もみじまんごじゅう”」が5月11日と12日に、奥田の故郷である広島の広島文化学園HBGホールにて行われた。この記事では、奥田の誕生日にあたる5月12日公演の模様をレポートする。

2日目の公演は奥田の弾き語りからスタート。ふらりとステージに現れた彼は弾き語りのライブではおなじみの事務椅子に座ると、「はい。よろしくお願いします」と挨拶し「ひとりカンタビレのテーマ」を淡々と歌い上げた。1曲を歌い終えると「奥田民生です。50歳おめでとうございます」と自らの誕生日を祝い、続けて「正直、昨日で体力を使い果たしてしまいました。2日目の最初が弾き語りでよかったです。このまましゃべり続けてもいいくらい」と本音を漏らして観客を笑わせる。その後、ぶつぶつ言いながらも奥田は「荒野を行く」を哀愁たっぷりに熱唱したり、唐突にメトロノームを鳴らし、エレキギターを爪弾きながら「マシマロ」を小気味よく歌い上げたり歴代のソロ曲を惜しみなく披露していく。

「50になったから、『ゲージュー☆ライダー』やりましょうか」と言った彼は、マイナー調にアレンジしたスローテンポの「イージュー☆ライダー」を歌い出すも「これは80歳くらいだな」とぼそり。さらに突然思い出したように「私、独立することになりまして。レコード会社を作ることになりました」と「RCMR(ラーメンカレーミュージックレコード)」の設立をアナウンス。どよめく観客に向かって「内容は未定ですけど、これからはここで。ユニコーンはキューンなんだけどね。よろしくお願いします」と50歳という節目を機に新たな一歩を踏み出すことを宣言した。なお「ちゃんとやりましょうか」と口にしてから「イージュー☆ライダー」のイントロを弾くも、出だしに失敗して場内は爆笑の渦に。サビではオーディエンスの大合唱も響き、あたたかな空気の中で奥田は50歳初のステージを終えた。

続くサンフジンズは、カイ ギョーイこと奥田民生、ジューイ ラモーンこと岸田繁(Vo, G)、ケン シューイこと伊藤大地(Dr)がユニフォームである白衣を着用して登場。弾き語りでののんびりとしたムードとは打って変わってカイ ギョーイ(奥田)は1曲目の「富士夫人」をシャウト混じりに熱唱し、間奏ではジューイ ラモーンとギターバトルを繰り広げるなど躍動的なプレイで魅せていく。なおライブの序盤でカイ ギョーイは「広島ではあまり知られてないんです。静けさの中でのスタートでしたが……」と観客の反応の薄さを嘆いていたが、時間の経過とともに会場の熱気が高まっていくと、プレイや歌声がよりエネルギッシュに。メンバー3人が代わる代わるメインボーカルを務める「さっさっサンフジンズ」では陽気なムードが作り出され、「サーフジーンズ」では豪快なプレイとともにキレのあるシャウトが炸裂。「これからもよろしくお願いします。フェスとか呼んでね」というカイ ギョーイの言葉から続いたラストナンバー「サンフジンズのテーマ」では、アウトロで3人の渾身のセッションが展開されオーディエンスを惹き付けていた。

「もみじまんごじゅう」を締めくくるのはもちろんユニコーンだ。初日と同じように、まずは手島いさむ(G)、ABEDON(Key)、EBI(B)、川西幸一(Dr)の4人がそろいのつなぎに、ヘヴィメタル風の髪型でステージにスタンバイ。そして主役の奥田が登場すると、場内のテンションはいきなり最高潮に達した。5人はパイロや花火などの特効の演出とともに新曲「ロック!クロック!オクロック!」を披露し、「大迷惑」や「WAO!」といったライブの定番曲を畳み掛ける。奥田はステージをくまなく歩き回りファンサービスに応じるも、「もう大変っすね。コレ、祝ってもらってるんですかね? できれば部屋にいたい」と初日と同じようにぼやく。手島が「ダメです」と返すと、マイクを逆に持ち、客席に背を向け仁王立ちに。何が始まるのか観客がステージに注目する中で、スピーカーから聞こえてきたのは「届かない 身動きも出来ない」という「I’M A LOSER」の冒頭のフレーズ。会場が大きくざわめく中、奥田はマイクを持ち直すと往年のヒット曲を全力で歌い上げ、オーディエンスを驚喜させる。

さらに、前日に続き奥田とEBIがそれぞれの楽器とボーカルパートを入れ替えてパフォーマンスした「ペケペケ」、貫禄を漂わせる「ユトリDEATH」と続く。なお「私はオジさんになった」を歌い終えた奥田は、「これからは全部こういう曲にしようぜ。ラクだもん」「この2日間は疲れたよ……」と言いながらも、「広島で50歳を迎えられてよかったです」と照れくさそうに笑う。そして10月に神奈川・パシフィコ横浜で行われるEBIの50歳記念ライブイベントもしっかり告知し、「もうすぐ終われると思ってウキウキしてきた」とラストスパートをかけていった。

アンコールでは、アンパンマンのお面を被り、フリンジ付きのつなぎに着替えた奥田が「人生は上々だ」を高らかに熱唱。曲の終盤では、おなじみとも言えるメンバーによる小芝居が展開されファンを爆笑させる。業を煮やした奥田が曲を再開させようと「走りつー」と歌い上げるもなかなか演奏が始まらず、マイクはABEDONの手に。彼が「走りつー」と叫び続けていると、いつしか「Happy Birthday to You」の演奏がスタート。するとPUFFYの2人がワゴンに乗ったバースデーケーキを押しながら現れ、会場に大合唱が響きわたった。照れ笑いを浮かべた奥田は「ありがとーう!」と叫び、ロウソクの火を吹き消し、ケーキを一口頬張る。その後、無事に「人生は上々だ」を歌い終えた奥田は、「この喜びは3日後にくる。ありがとうございました! 次回は『海老乃大漁祭』です。EBIが海老を獲ってきて配るそうです」と再三にわたって「海老乃大漁祭」をアピール。そして「すばらしい日々」をじっくりと歌い上げ、祝福の歓声と拍手を浴びながら約4時間におよんだ50歳初イベントを終えた。

なお「ユニコーン 奥田民生50祭 “もみじまんごじゅう”」の模様は、フジテレビNEXTおよびフジテレビNEXTsmartにて7月18日(土)と19日(日)に、本人のインタビューやお祝いコメントなどを交えながらオンエアされる。“奥田民生づくし”のプログラムをお観逃しなく。

「ユニコーン 奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”」
2015年5月12日 広島文化学園HBGホール セットリスト

奥田民生~弾き語り~

01. ひとりカンタビレのテーマ
02. The STANDARD
03. 荒野を行く
04. かいあって
05. マシマロ
06. イージュー☆ライダー

サンフジンズ

01. 富士夫人
02. さっさっサンフジンズ
03. ハリがないと
04. サーフジーンズ
05. パン屋さん
06. じょじょ
07. ふりまいて
08. サンフジンズのテーマ

ユニコーン

01. ロック!クロック!オクロック!
02. 大迷惑
03. WAO!
04. I’M A LOSER
05. ペケペケ
06. ユトリDEATH
07. 私はオジさんになった
08. はいYES!
09. SAMURAI 5
10. Feel So Moon
<アンコール>
11. 人生は上々だ
12. すばらしい日々

フジテレビNEXT ライブ・プレミアム / フジテレビNEXTsmart「ユニコーン 奥田民生50祭“もみじまんごじゅう”」

2015年7月18日(土)21:00~23:00
2015年7月19日(日)21:00~23:00

ユニコーン EBI50祭 “海老乃大漁祭”

2015年10月2日(金)神奈川県 パシフィコ横浜
2015年10月3日(土)神奈川県 パシフィコ横浜

音楽ナタリーをフォロー