音楽ナタリー

斉藤和義「ロック祭り」は名曲祭り、熱演で魅せた幕張の舞台

410

斉藤和義(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

斉藤和義(Photo by Rui Hashimoto / Azusa Takada[SOUND SHOOTER] )

ビクターエンタテインメントが主催するライブイベント「ビクターロック祭り2015」が、本日3月14日に千葉・幕張メッセ国際展示場9-11ホールにて開催中。この記事では斉藤和義のライブの模様をレポートする。

1曲目に披露されたのは「やさしくなりたい」。フジイケンジ(G / The Birthday)の奏でる印象的なギターリフがステージの幕開けを告げ、オーディエンスは一斉に歓声を上げた。斉藤は力強い歌声を響かせると、続けて「ずっと好きだった」をプレイする。キラーチューンの連発に沸き立つフロアの熱を受けながら、彼は軽快にギターを弾きながら熱唱した。

演奏後、「いえーい」とリラックスしたムードでファンに挨拶し、「すごい人だね。さっき楽屋からダイノジのDJが見えたんだけど、そっちのほうが盛り上がってたらどうしようかと思った」と笑った斉藤。彼は次に新曲「ワンダーランド」を披露した。続く「劇的な瞬間」ではピアノの旋律に斉藤のエッジーなギターの音色が絡み、妖しげなムードが会場に充満していく。ハードなロックナンバー「Are you ready?」では斉藤とバックバンドとの力強いアンサンブルがより一層密度を増していき、観客はステージ上の斉藤の姿に釘付けになった。

ここでフジイ、高野勲(Key)、小田原豊(Dr)、隅倉弘至(B / 初恋の嵐)からなるバンドメンバーを紹介した斉藤は「以上、サザンオールスターズでした。新譜の『葡萄』が出るからよろしくね」とおどけて観客を笑わせる。一呼吸置いて次に披露されたのは「歌うたいのバラッド」。高野の伴奏で優しく始まった演奏はぐんぐんと熱を帯び、斉藤は感情をぶつけるように声を振り絞る。アウトロでもエモーショナルなギターソロを見せた彼に、オーディエンスは大きな歓声を送った。

最後の曲の前には「アルバムを出すべく、俺はもうすぐレコーディングに入ります」とファンを喜ばせるアナウンスも。斉藤は「完成したら聴いてね。今日はありがとう」と感謝し、ラストに「歩いて帰ろう」を届けた。ステージを動き回りながらフロアを煽る彼のパフォーマンスにファンは手拍子で呼応し、途中からは大合唱の歌声を会場に響き渡らせた。熱い盛り上がりとフロアの一体感を生み出した斉藤は「またね」と再会を約束して、颯爽とステージを後にした。

ビクターロック祭り2015
2015年3月14日 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール セットリスト

斉藤和義

01. やさしくなりたい
02. ずっと好きだった
03. ワンダーランド
04. 劇的な瞬間
05. Are you ready?
06. 歌うたいのバラッド
07. 歩いて帰ろう

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】