音楽ナタリー

正体はワタナベフラワー?“うまいバンド”登場

388

うまいバンドによる「うまさボーボー」歌唱の様子。

うまいバンドによる「うまさボーボー」歌唱の様子。

ワタナベフラワーが昨日10月18日に東京・東京タワーフットタウンにて開催された「第1回うまい棒祭り in 東京タワー」に出演した。

これは今年で生誕35周年を迎えたスナック菓子「うまい棒」のスペシャルイベント。会場ではうまい棒が来場者に振る舞われたほか、レアなうまい棒グッズやこの日限りの限定品「東京タワーうまい棒」が販売され、全国から集まった“うまい棒フリーク”をうならせた。またライブパフォーマンスでは、うまい棒をこよなく愛する謎のバンド“うまいバンド”がお披露目されるとあって、ステージ前には多くのオーディエンスが集まった。

うまいバンド登場の前には、ゲストとしてワタナベフラワーによるライブステージが展開される。クマガイタツロウ(Vo)は自分もうまい棒と同じ35歳であることを告げ「うまい棒祭りを一緒に盛り上げていきます!」と宣言し、代表曲の「てんとうむし」や最新曲「一生懸命はやめられない」などを熱唱した。

歌唱後、ワタナベフラワーは集まったオーディエンスに感謝の気持ちを伝えてそのまま退場。ここでステージ上のスクリーンにうまいバンドが作ったオリジナル曲「うまさボーボー」がアニメ映像とともに届けられる。クマガイによく似たその歌声を聴いたオーディエンスから笑いが起きる中、満を持してうまいバンドがその姿を表した。

うまい棒のキャラクター・うまえもんのマスクをかぶった謎の男たちは、MCもそこそこに「うまさボーボー」を歌唱。ワタナベフラワーが置いていった楽器を自分たちのもののように扱い、ノリのいいリズムで会場を大いに盛り上げた。歌唱後、まったくMCもなくそそくさと退散するうまいバンドに向けてオーディエンスは大きな拍手を送り、イベントはそのまま終了。ライブ後、なぜか頭だけ汗だくのワタナベフラワーがTシャツで登場し、観客と触れ合いながらうまい棒祭りを一緒に楽しんだ。

なお、「第1回うまい棒祭り in 東京タワー」は本日10月19日まで同会場で開催される。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】