音楽ナタリー

「イナズマロック フェス」2日間で10万人魅了

923

西川貴教(T.M.Revolution)が主催する野外イベント「イナズマロック フェス 2014」が9月13、14日に滋賀・烏丸半島芝生広場で開催された。

今回で6回目となる「イナズマロック フェス」は、2008年に地元滋賀県の「滋賀ふるさと観光大使」に就任した西川が「音楽で地元に恩返しを」「地元のみなさんと滋賀県をアピールしたい」という思いから2009年にスタートさせたライブイベント。今年はフリーエリアに新たなステージやキッズスペースが設置されたこともあり、有料エリアとあわせ、初日に5万人、2日目の5万人の計10万人を動員。アーティスト、お笑い芸人、ご当地キャラクターなど計70組が登場し、イベントを盛り上げた。

1日目:2014年9月13日

メインステージ・風神で初日のオープニングアクトを務めたのは、ももいろクローバーZ。彼女たちは「イナズマ、盛り上がって行くぞっ!」と元気よくステージに登場し、1曲目にT.M.Revolutionの「INVOKE」をサプライズ披露したほか、「MOON PRIDE」「コノウタ」など全5曲を歌い踊った。

草津市長・橋川渉による「『イナズマロック フェス 2014』スタートです!」という開会宣言に続き、T.M.Revolutionがトップバッターを飾る。西川はオレンジのポイントカラーが映える迷彩柄の衣装で姿を現した。西川は「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」といったキラーチューンを青空の下で熱唱。そして2013年発表のセルフカバーアルバム「UNDER:COVER 2」でコラボした経験を持つMay J.が招かれ、「last resort」を2人で歌い上げた。さらに西川は「突キ破レル - Time to SMASH!」「Phantom Pain」など7曲を歌って、「イナズマロック フェス 2014」の幕を開けた。

続いて白を基調とした衣装を着て登場したシドは、観客がタオルを振り回して盛り上がった「サマラバ」、2月発表の「hug」などシングル曲を中心に6曲をプレイ。マオ(Vo)は「ずっと出たいと思っていて、やっと出ることができました」と「イナズマロック フェス」初出演達成の喜びを露わにしていた。ピンクのミニドレスでステージに立ったMay J.は「西川さんは優しくて尊敬する大先輩。『イナズマ』に出演させていただけて本当にうれしい」と話し、新曲「本当の恋」や、「Believe」などを歌唱。ラストに「私の人生を変えてくれた曲」だという人気曲「Let It Go」を英語で歌い上げると、会場からは惜しみない拍手が贈られた。

MINMIは「緊張してる!」と言いつつも、巧みなトークですぐに観客の心を掴む。彼女は「FIRE!」コールで盛り上がる「ハイビスカス」をはじめ、「いていたいよ」「シャナナ☆」など7曲を届け、会場の空気を一つにまとめあげた。黒のセクシーな衣装に身を包んだ加藤ミリヤは「小学生のときに琵琶湖に来てました。バス釣りに来たこともあります。こんな素敵なロケーションでライブできてうれしい」と話し、新曲「YOU...」のソロバージョンや、「EMOTION」などを披露した。

初日のトリを務めたのは黒夢。清春(Vo)は2010年にsadsとして出演して以来、4年ぶり2度目の「イナズマロック フェス」登場だ。「僕は西川さんとは仲いいけど、西川さんのファンは顔も知りません。でも総合的に分かり合えると思います」「超適当に楽しんで!」といった調子で観客を煽る。黒夢はデビュー曲「FOR DEAR」をはじめ、「FAKE STAR」、「MARIA」、「BEAMS」など、1999年の活動停止以前に発表されたナンバーの数々を投下し、会場を熱気を高めていく。ライブの終盤に清春は「今日一番の盛り上がりを見せるべく、私の数少ないお友達を……」と話し、ステージに西川を招き入れる。西川は「さっき話してたんだけど、人時(B)に会ったのは、名古屋のミュージックファーム以来なので……20年ぶり!?」とひさびさの再会を振り返り、「少年」で黒夢と共演。観客は両者の貴重なコラボに酔いしれた。

2日目:2014年9月14日

イベント2日目は「イナズマロック フェス 2014」の出演権を賭けたオーディション「イナズマゲート2013」の覇者Half time Oldが1番手を飾る。そしてオープニングアクトのSHUNは「Never Change feat.Lyu:Lyu」や、「今夜はブギーバック」のカバーなどで会場を湧かせた。

滋賀県知事である三日月大造が「We Love イナズマ! We Love 琵琶湖! 『イナズマロック フェス 2014』スタート!」と宣言したのちに、私立恵比寿中学が登場した。彼女たちは「イナズマはエコがテーマということで、エコで気をつけていることを発表しつつ自己紹介します!」「エアコンではなく扇風機を使う」「ペンは最後まで使い切る」「スーパーではレジ袋をもらわない」とそれぞれのエコ活動を報告し、「幸せの貼り紙はいつも背中に」「仮契約のシンデレラ」など6曲でパワフルなパフォーマンスを見せつけた。

Every Little Thingは伊藤一朗(G)のギターソロが冴えるインストナンバー「Mighty Boys」からライブの口火を切り、「ファンダメンタル・ラブ」「出逢った頃のように」「ソラアイ」「Time goes by」「Dear My Friend」とヒットソングの数々を連発した。「イナズマロック フェス」初参加のFTISLANDは、「皆さん熱いですね! 皆さんと遊びたいです!」と挨拶。「beautiful」「Last Love Song」といったバラードで観客を魅了し、キャッチーなロックチューン「FREEDOM」では会場一体となってジャンプするなどして会場を盛り上げた。

でんぱ組.incは「全力でやるんで楽しんでいってね!」と宣言し、言葉通りのエネルギッシュなパフォーマンスで「ちゅるりちゅるりら」「でんでんぱっしょん」「Future Diver」などをほぼノンストップで歌い踊った。NMB48のステージでは、滋賀県出身の上西恵、近藤里奈、内木志が「地元でライブをやるのは全然違う!」と興奮した表情を見せる。さらに上西、近藤は草津市をPRするチーム「KUSATSU BOOSTERS(くさつブースターズ)」の一員ということもあり、「私たちも西川さんも、滋賀県の奇跡! ということで、滋賀県を盛り上げていきたいと思います!」と地元愛を力強くアピールしていた。

トリを飾ったのは、イベントの主催者であるT.M.Revolution。西川は「今年もこの場所で『イナズマ』ができることを本当にうれしく思うと同時に、誇りに思います」と述べるとともに、感謝の言葉を何度も口にした。この日西川は「Count ZERO」「WHITE BREATH」のほか、「突キ破レル - Time to SMASH!」「Phantom Pain」や、水樹奈々とのデュエットナンバー「Preserved Roses」「革命デュアリズム」などでパワフルな歌声とパフォーマンスを届けた。

アンコールではスペシャルゲストの松崎しげるが「西川! 約束通り来たぞ!」とステージに現れ、2人で「愛のメモリー」を歌い上げた。このコラボは西川がホストを務めるニコニコ生放送「西川貴教のイエノミ!!」の7月放送回に松崎がゲスト出演したことがきっかけで決定したもの。色白の西川と色黒の松崎がそろったということで、T.M.Revolution「BLACK OR WHITE」のデュエットも飛び出し、西川は「こんな形で歌えるなんて、『イナズマ』がなければ絶対になかったコラボです」と笑顔を見せた。そしてラストにはMICRO(HOME MADE 家族)、SHOGO(175R)が加わり、「Lakers」をプレイ。会場が一体となり、夜空に花火が上がったところで、熱い2日間の幕が下ろされた。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー