映画ナタリー

浅野忠信が三船敏郎賞!京都国際映画祭の開幕セレモニーに「火花」チームも登壇

155

京都国際映画祭2017オープニングセレモニーの様子。左から2番目より木村大作、佐藤忠男、浅野忠信、奥山和由。

京都国際映画祭2017オープニングセレモニーの様子。左から2番目より木村大作、佐藤忠男、浅野忠信、奥山和由。

京都国際映画祭2017が10月12日に開幕。浅野忠信が三船敏郎賞、プロデューサーの新藤次郎が牧野省三賞を受賞した。

“京都3泊4日”をテーマに10月15日まで開催される同映画祭。京都・西本願寺にて行われたオープニングセレモニーでは、まず名誉委員長を務める映画監督の中島貞夫が登壇した。中島は「京都、ひいては日本で初めて映画が上映されてから120年の節目で、本当に記念すべき年」と力説。そして「第4回京都国際映画祭、よーいスタート!」と呼びかけた。

日本映画の父、牧野省三の孫である俳優・津川雅彦がプレゼンターとなり、牧野省三賞の授賞式が執り行われる。授賞した新藤次郎は、2012年に死去した映画監督・新藤兼人の息子であり、遺作「一枚のハガキ」のプロデューサー。「とにかく光栄です」と恐縮する新藤は、牧野の功績をたたえた後、「映画人の端くれに認めていただいた思いが強い。賞を汚さないようがんばりたい」と語った。

“世界に向けて日本を代表する俳優”を基準に選出される三船敏郎賞。カメラマン、映画監督として知られる木村大作が、受賞者の浅野にトロフィーや副賞のスカーフを授与。浅野は「大先輩の三船さんの賞をもらえるというのは本当にうれしいです。お会いしたことはないですが、常に葛藤があり、心の中で何度か三船さんに尋ねたことがあります。僕の勝手な思いですが、三船さんに答えていただいて、それで納得していました。これからも三船さんのような俳優を目指してがんばります。最高です!」と喜びをあらわにした。

セレモニーには、特別招待作品の映画「火花」よりキャストの桐谷健太三浦誠己、監督を務めた板尾創路の姿も。「関西の芸人の話なので、ぜひ関西の皆さんに観ていただきたい!」という桐谷は、さらに「京都の人は笑いに厳しいと伺っているので、この映画を観てどう感じていただけたのか感想を聞いてみたいです」とコメント。そのほか特別招待作品より「KOKORO」の國村隼、「Guest House」のソンジェ超新星)、「台湾より愛をこめて」の大野拓朗岡本夏美などもレッドカーペットに登場した。

京都国際映画祭2017は、京都、滋賀、奈良の各所にて開催中。

映画ナタリーをフォロー