映画ナタリー

「アウトレイジ」北野武が次回作の構想明かす?「日本の役者オールスターズで」

327

「アウトレイジ 最終章」初日舞台挨拶の様子。

「アウトレイジ 最終章」初日舞台挨拶の様子。

本日10月7日、「アウトレイジ 最終章」の初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーで行われ、監督の北野武ら7名が登壇した。

北野がビートたけしとして主演を務める本作は「アウトレイジ 」シリーズの最終章。イベントには北野のほかにキャストの西田敏行大森南朋ピエール瀧松重豊大杉漣金田時男が出席した。

北野作品への出演はこれで10本目となる大杉は「すごくいい緊張感の現場。北野組に帰ってきたという気持ちでいっぱいでした」と胸中を明かし、北野組初参加の瀧は「変態のヤクザという役なのでいつも通りでした。プライベートを出しすぎないようにするのが大変で……」と茶目っ気たっぷりにコメントして観客の笑いを誘う。そして本業は実業家である金田は「自分なりに一生懸命やりました。皆さんとこうして舞台挨拶に出られたことを一生の思い出にしたいと思います」と感慨深げな表情を浮かべながら話した。

「アウトレイジ ビヨンド」に続いての出演となった松重は「『アウトレイジ』の世界で生き残れたというだけでも光栄でした。全員悪人という看板の中で、僕1人だけ善良な公務員。浮いてるんじゃないかなとは常に思っていました」と述べる。北野作品やバイオレンス映画が好きだという大森は「最終章でお呼びいただけまして感動しました。現代でここまでヤクザをしっかり描けた作品はあまりないと思います」と作品の完成度に自信をのぞかせた。

「すべてのシーンに思い入れがあります」と語ったのは西田。西田は「その中でも塩見三省との絡みのシーンは非常に気に入っています。塩見は病気、僕はけがをしていたので、4人くらいの人に抱えられながら、対峙する場面を撮りました。あのとき監督が『大丈夫だよ、もう(脚)本を変えちゃおっか?』とおっしゃってくださったのには恩を感じました」と撮影時のエピソードを披露し、その言葉を受けて北野が「2人ともものすごい迫力で、それを生かさなきゃと思った」と続ける。さらに北野は「次にやるときは、日本の役者オールスターズで。全員車代だけで、仲代達矢さんにも500円で出てもらおうという作戦を考えています」とはにかみながら話し、爆笑をさらった。

最後に北野は「自分なりにうまいまとめ方をしたなという感じで、かなりの自信作です。5円でも10円でも払っていただければありがたいです」と観客にメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

※「アウトレイジ 最終章」はR15+指定作品

※映画ナタリーPower Push公開中!
「アウトレイジ 最終章」特集 “全員悪人”ついに完結!PR

※お笑いナタリーPower Push公開中!
ペンギンズが語る「アウトレイジ 最終章」PR

※ステージナタリーPower Push公開中!
麿赤兒が語る「アウトレイジ 最終章」PR

※コミックナタリーPower Push公開中!
ヨネダコウが語る「アウトレイジ 最終章」PR

※音楽ナタリーPower Push公開中!
MAH(SiM)が語る「アウトレイジ 最終章」 PR

※映画ナタリーPower Push公開中!
山里亮太が語る「アウトレイジ 最終章」PR

(c)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

映画ナタリーをフォロー