映画ナタリー

土屋太鳳が黒木瞳に「勉強になります!!」、「フェリシーと夢のトウシューズ」初日

245

「フェリシーと夢のトウシューズ」初日舞台挨拶の様子。左から土屋太鳳、黒木瞳。

「フェリシーと夢のトウシューズ」初日舞台挨拶の様子。左から土屋太鳳、黒木瞳。

フェリシーと夢のトウシューズ」の初日舞台挨拶が本日8月12日に東京・新宿ピカデリーで行われ、日本語吹替キャストの土屋太鳳黒木瞳が登壇した。

「フェリシーと夢のトウシューズ」は、バレリーナを目指す少女フェリシーの成長を描く物語。土屋がフェリシーに、黒木が元バレリーナのオデットに声を当てた。

赤のドレスにトウシューズ、そしてティアラを付けて登場した土屋は「夢を追うときの心の揺れ動きや挫折がしっかり描かれているので本当に共感できる物語となっています」と作品についてコメント。フランスで一足先に映画を鑑賞していたという黒木は「言葉は半分以上わからなかったんですが、ものすごく感動してしまって。映画は万国共通なんだなと改めて思いました。吹替で参加できて光栄です」と挨拶する。

本日の舞台挨拶が初対面だという土屋と黒木。土屋は「お会いできるのがうれしくて、黒木さんはどういった声でアフレコなさるのかなとドキドキしていたんですけど。作品を観て、ああ日本語版に命が吹き込まれたっていう感じがしました」と。一方の黒木は「私はフェリシーをオペラ座に立たせるために特訓をする役なので、初めてお会いしたという感じが全然しなくて(笑)」と土屋に対して親近感を持っていた様子。

作品の成長物語にちなみ、「これだけは誰にも負けない!」という点を語る一幕も。土屋は少し考え込むようにして「私、すごく未熟者なので……。負けないって思ってても負けてることのほうが多いなと思うんです」と謙遜する。そして「負けない!というより、自分にはここしかない!っていうのは、出会った役、作品を愛することです。自分の中で何よりも大切にしています」と語った。

続いて黒木が今まで受けた特訓の思い出を語る。宝塚歌劇団在籍時に、初めて役をもらったときのことを回想し「舞台は身体を動かしながらセリフを吐かなきゃいけないので。その練習に、何時間も教室の隅っこで歩きながら『ハア! ハア! ハア!』と声を出して。これを毎日2週間くらい続けました」と述べる。すると土屋が「なるほど……。勉強になります!!」と目を輝かせて反応。「今ちょうどそのことで悩んでいたので」と役者魂を垣間見せた。

「フェリシーと夢のトウシューズ」は全国でロードショー。

(c)2016 MITICO - GAUMONT - M6 FILMS - PCF BALLERINA LE FILM INC.

映画ナタリーをフォロー