映画ナタリー

岡野真也と内山理名のW主演作「ゆらり」、石川の老舗旅館を舞台に家族愛つづる

42

「ゆらり」

「ゆらり」

岡野真也内山理名のダブル主演作「ゆらり」が、11月より東京の池袋シネマ・ロサほか全国で順次公開される。

本作は石川の老舗旅館・赤木箱を舞台に、「あの時、伝えられなかった想い」を抱える人々が、時を超えて家族の絆を取り戻していくさまをファンタジックに描いたヒューマンドラマ。岡野は現在のパートに登場する赤木箱の女主人・泉凛香を演じ、内山は未来のパートに登場する凛香の娘でシングルマザーの木下ゆかりに扮する。劇団TAIYO MAGIC FILM主宰の西条みつとしが、同劇団の戯曲を自ら脚色した。メガホンを取ったのは、本作が劇場映画監督デビュー作となる横尾初喜。

岡野は「撮影が終わるまで、ずっと自分の家族のことを考えていました。私にとって『ゆらり』は、家族への感謝の手紙のような作品です」、内山は「西条さんマジックにかかりながらいつの間にか涙溢れているのではと。とても好きな世界観の映画です」とそれぞれコメントを寄せた。また西条は「親がいる事の当たり前さ。子供である事の当たり前さ。けど、いつか当たり前じゃない時がくる事の当たり前さ。1人でも後悔しない生き方をしてくれる人が増えればという想いで、このゆらりの脚本を書きました」と本作に込めた思いを語っている。

岡野真也 コメント

大変照れ臭いことですが、正直に告白します。撮影前に娘 岡野真也のことを母に尋ね、ロケ先には家族の写真と、母からの手紙を持参していました。
つまり、今回演じた役は母と二人で創りました。
「ゆらり」映画化のお話をいただいてから撮影が終わるまで、ずっと自分の家族のことを考えていました。
私にとって「ゆらり」は、家族への感謝の手紙のような作品です。

内山理名 コメント

過去・現在・未来を交差する中で
大切な人に伝えられなかった想いを伝えていく物語。
最初 本を読んだ時 涙が止まりませんでした。
どの世代にもきっと響くと思う。
身近な人にこそ 本当に伝えたい事を伝えていないことありませんか……??
西条さんの台本はトリックのようになっており 1ページ進んでは1ページ戻り……と 、とても楽しく読ませて頂きました。
きっと そんな風に西条さんマジックにかかりながらいつの間にか涙溢れているのではと。
とても好きな世界観の映画です。

西条みつとし コメント

TAIYO MAGIC FILMの舞台作品が、映画になる事が素直に嬉しいです。
そして、映画になる事で、ゆらりというお話が、更に沢山の人達に観て頂けるのが、本当に幸せです。
親がいる事の当たり前さ。
子供である事の当たり前さ。
けど、いつか当たり前じゃない時がくる事の当たり前さ。
1人でも後悔しない生き方をしてくれる人が増えればという想いで、このゆらりの脚本を書きました。

(c)2017映画「ゆらり」製作委員会

映画ナタリーをフォロー