映画ナタリー

午前十時の映画祭ラインナップ発表「天国と地獄」「アメリ」など全28作

262

「天国と地獄」 (c)東宝

「天国と地獄」 (c)東宝

「午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作」が、4月1日より全国56劇場で開催される。このたび全28本のラインナップが発表された。

世界の名作を毎朝10時より上映する「午前十時の映画祭」。8回目を迎える今回は、51週にわたって実施される。新規で選ばれた外国映画はジャン=ピエール・ジュネ監督作「アメリ」、 フランソワ・トリュフォーの「突然炎のごとく」「トリュフォーの思春期」など16本、日本映画は黒澤明の監督作「天国と地獄」「野良犬」を4K版で上映するほか、大島渚の「戦場のメリークリスマス」など7作が選ばれた。そして、映画祭では初上映となる「おしゃれ泥棒」を筆頭にオードリー・ヘプバーンの出演作4本が夏休み時期にラインナップされている。

上映に際しては、56劇場をAグループ、Bグループの2つに分けて全28作品を交互に紹介していく。上映スケジュールは映画祭の公式サイトで確認しよう。

午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作

2017年4月1日(土)~2018年3月23日(金)
開映 毎朝10:00
※劇場によっては複数回上映もあり
※1作品につき2週間、もしくは1週間上映
料金:一般 1100円 / 学生 500円
上映方式:DCP上映
<上映作品>
「イヴの総て」
「悪魔のような女」(1955年)
「突然炎のごとく」(1961年)
「招かれざる客」
「ペーパー・ムーン」
「トリュフォーの思春期」
「アニー・ホール」
「グロリア」(1980年)
「アンタッチャブル」
「バグダッド・カフェ(ニュー・ディレクターズ・カット版)」
「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」
「ギルバート・グレイプ」
「ライフ・イズ・ビューティフル」
「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」
「アメリ」
「野良犬」(1949年)
「麦秋」(1951年)
「天国と地獄」(1963年)
「雪之丞変化」(1963年)
「泥の河」
「戦場のメリークリスマス」
「夜叉」
「裏窓」
「ショーシャンクの空に」
「ローマの休日」
「麗しのサブリナ」
「昼下りの情事」
「おしゃれ泥棒」

映画ナタリーをフォロー