麗しのサブリナ

ウルワシノサブリナ
SABRINA

製作:1954年(米)

Copyright(C)1954 by Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.

解説 「ローマの休日」に続く、ヘプバーンのハリウッド映画主演第2作。現代版“シンデレラ“と呼べるストーリー。オスカーを獲得したイーデス・ヘッド女史の華麗な衣装、加えて豪華な共演者など、ロマンティック・コメディの傑作たる要素をすべて持った作品。富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナは、ララビー家の次男デヴィッドに失恋し、傷心のうちにパリに旅立つ。二年後、帰国したサブリナは、パリ・モードから抜け出したような美女に変身し、デヴィッドばかりか長男ライナスをも魅了する。兄の気持ちを察したデヴィッドは一計を案じ、恋する二人をパリに向けて送り出すのだった……。原作はS・テイラーの舞台劇。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ビリー・ワイルダー

キャスト

サブリナ・フェアチャイルド:オードリー・ヘプバーン
ライナス・ララビー:ハンフリー・ボガート
デイヴィッド・ララビー:ウィリアム・ホールデン