映画ナタリー

松山ケンイチが生真面目な落語家を演じる「の・ようなもの のようなもの」予告編

49

「の・ようなもの のようなもの」 (c)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

「の・ようなもの のようなもの」 (c)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会

松山ケンイチ主演作「の・ようなもの のようなもの」の予告編がYouTubeにて公開された。

本作は「家族ゲーム」「間宮兄弟」などで知られる森田芳光の監督デビュー作「の・ようなもの」の35年後を描いた人間ドラマ。まだ二つ目にもなれていない落語家・出船亭志ん田が、かつて兄弟子だった志ん魚を一門会に復帰させるため、彼の心を動かそうと共同生活するさまを追う。

主人公の志ん田を松山が、師匠の娘・夕美を北川景子が演じ、「の・ようなもの」に出演した尾藤イサオでんでん、伊藤克信も参加。そのほか野村宏伸鈴木亮平ピエール瀧佐々木蔵之介、塚地武雅、宮川一朗太、鈴木京香、仲村トオル、笹野高史、内海桂子、三田佳子がキャストに名を連ねる。監督は森田の監督作に多く携わった杉山泰一が務めた。

この予告編の冒頭に映し出されるのは、落語を披露する志ん田と、それに無関心な観客の姿。そして一門の特別公演を前に、志ん魚を高座に戻すべく志ん田が説得をするさまや、2人の共同生活の様子などが登場する。なおバックに流れる主題歌は「の・ようなもの」でも使用された尾藤イサオの「シー・ユー・アゲイン雰囲気」。

「の・ようなもの のようなもの」は1月16日よりロードショー。

映画ナタリーをフォロー