コミックナタリー

ベルセルクIII舞台挨拶でキャスト「感無量」、平沢進も登壇

366

三浦建太郎原作の映画「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」が昨日2月1日に公開。本日2月2日、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。

舞台挨拶にはガッツ役の岩永洋昭、グリフィス役の櫻井孝宏、キャスカ役の行成とあ、ゾッド役の三宅健太、主題曲「Aria」を手がけた平沢進、窪岡俊之監督が登壇。司会を務めたニッポン放送アナウンサーの吉田尚記は「偶然骨折してしまった」とのことで、図らずも「ベルセルク」の世界観にぴったりの右腕に包帯を巻いた出で立ちで現れた。

「ベルセルク 黄金時代篇」3部作の完結編となる本作。冒頭の挨拶ではキャスト、監督が公開を迎えた感想を「感無量」と次々に口にした。最大の見所である“蝕”のシーンをどのように作り上げたかと尋ねられると、窪岡監督は「行われることは凄惨なんだけれど、それが美しい場所で行われているというギャップをうまく出せたら良いなと思っていた。烙印がボイドから発せられるまでは色調を抑えて描いていた」とコメント。また岩永は「(収録では)動くことはないし声だけなんだけど、ここ(首)の筋が次の日痛くなったりした。全身でやりました。こんなの経験したことない」と気迫に満ちた収録の様子を語る。一緒に収録をしていたという櫻井は「すごい集中力で、とても声は掛けられなかった」と、岩永の様子を明かした。

櫻井は舌を抜かれ、まともに喋れないグリフィスの演技について「すごく難しかった。アッキー(岩永)ほど激しい演技ではなかったけれども、あざとくなってもダメですし、ぼんやりしてしまっても意味ないですし」とその難しさをコメント。また劇中、濡れ場を見事演じきった行成は「1部2部でキャスカをやるにあたり自分の中でせきとめていたものが多かったので、すべてを解放したような部分がいっぱいあって、3部は今までで一番楽でした」と大胆なコメントをし、周囲のキャストが呆気にとられる一幕も。

三宅は、大塚明夫演じる髑髏の騎士との対決シーンについて、「実は緊張しちゃってて、落ち着こうとして収録前に柄にもなく喫茶店に入りました。チーズケーキとエスプレッソを頼んで(笑)。でないと対等に渡り合えないじゃないですか!僕は明夫さんに喧嘩を挑める自信ないので」と裏話を披露。会場の笑いを誘った。

そして「ベルセルク 黄金時代篇」3部作の舞台挨拶にはこれが初登壇となる平沢が、「一段と場違いな違和感を感じております。私、いてよろしいんでしょうか?」と問いかけると、会場からは大きな拍手が。主題曲「Aria」については「何しろ鷺巣(詩郎)さんのサウンドトラックが壮大かつ荘厳でありますから、それに負けないような曲を作らなければいけないということでがんばらせていただきました」と思いを語る。また窪岡監督が「渋カッコいいとか、キタキターっていう感じとか、尺は90秒でお願いしますとか、オーダーを思いつくままにまくしたてたんですが、すばらしい楽曲を90秒ぴったりで上げてこられて、職人としてのプライドを感じました」と絶賛するが、平沢は表情を変えない。ステージの逆側に立っていた吉田アナウンサーが「平沢さんがどんな顔しているか、ここからだとわからないですね」というと、平沢は一歩前に出てその顔を覗かせ「無表情がモットーですので」とひと言。観客の笑いを誘った。

なお「ベルセルク」の長大なる原作の世界観全てを映像化するという「ベルセルク・サーガプロジェクト」の今後については、窪岡監督が「企画は動いています。現在申し上げられるのはそこまでです」とコメント。ファンは続報を期待しておこう。

コミックナタリーでは、「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」の特集記事を展開中。「進撃の巨人」で知られる諫山創と、窪岡監督へのインタビューを掲載している。

※特集記事へはこちらから!
コミックナタリー - [Power Push] 「ベルセルク 黄金時代篇III 降臨」 (1/5)

コミックナタリーをフォロー