コミックナタリー

「ヒミズ」が実写映画化。監督は園子温、2012年公開予定

850

古谷実「ヒミズ」の実写映画化が決定した。監督は「自殺サークル」「冷たい熱帯魚」などで知られる園子温が務め、公開は2012年を予定している。

「ヒミズ」は2001年から2002年まで週刊ヤングマガジン(講談社)で連載していた、人間の心の暗部を題材にした青春劇。「普通の人生」を目指す男子中学生の主人公は、ある事件を機に心に深い闇を抱え、「普通」とはほど遠い生活を過ごすようになっていく。また同作は「行け!稲中卓球部」などで一世を風靡したギャグ漫画家の古谷が、シリアス路線に移行した作品としても話題を集めた。

キャストや撮影状況などの詳細は週刊ヤングマガジン誌上で随時発表されるので、楽しみに待っていよう。また、エキストラ出演者も募集中。エキストラ全員には、映画「ヒミズ」特製のオリジナルグッズがプレゼントされる。募集の詳細については制作会社のホームページを参照してほしい。

園子温コメント

原作は大好きで何回も読み返していました。実写で映画化する事は、大変な名誉であり、冒険だと思っています。この先の見えない不安な世界に住む若い主人公と一緒に、素晴らしい青春映画を作りたいと思います。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞